スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀座で寄せ石座談会

2015.09.18 08:30|一時帰国
今日から、F1始まりますね。
雨降って、ヘイズおさまる・・・・これ、シンガポールことわざ(笑)
でも、まだホットなスポット満載ですし、風はシンガポールに吹いてるし・・・。
いやいや、もう、結構。ヘイズは、お腹いっぱいです・・・。

・・・っで、こっちもね、だいぶもうお腹いっぱいなんですが、
そういう空気は、もはや読まない(笑)
飽きてこようが、中だるみしようが、
私は、寄せ石座が好き!!寄せ石座が好き・・・・石座が好き・・・好き・・・(エコー)
はい、恒例の寄せ石座記事です。あっ、もうスルーでもいいっす(笑)

っということで、銀座のチンホアでランチ食べたあと(過去記事)は、
やっぱりここに寄らずには帰れないので、行ってきました。

DSC_3400.jpg

貴和製作所 キラリトギンザ店!!
ここ、キラリトギンザというビルの5階全部が、貴和製作所のフロアになってて、かーなーりの充実なラインナップ。
ほんで、特筆すべきは、↓↓

DSC_3399.jpg

奥に、カフェが併設されてます!!
っで、このカフェってスゴイのね☆

DSC_3388.jpg

ビーズ・アクセサリー作りに必要な工具一式を、
カフェ利用者に、無料で貸してくれるんです!!

だから、貴和製作所のお店で好きなパーツを買ってきて、ここでお茶飲みながら、カチャカチャとアクセサリーを作れると!
もう、手芸大好き女子にはたまらん場所なのですよ!
って、カフェには、そんな手芸大好き女子のたまり場と化してまして、
作ってはパーツ買って、作ってはパーツ買っての、大往復をされてるグループもあれば、
グループの先生にレクチャーを受けながら、静かに同じ作品を仕上げてるグループも。
もう、この空間が好き☆私、住める(笑)

っということで、私たちも貴和製作所でパーツをあれこれ選んで作るのは、
もちろん寄せ石座のアクセサリー♪
お友達が、「ペンダントネックレスと指輪をお揃いで作りたい」とのことなので、ご制作のお手伝いを!

DSC_3397.jpg

出来上がりがこちら。
最近は、ゴールドが肌になじむよねーなんて言いながら、淡いグリーンのスワロを合わせて、素敵に仕上げていました。
これでお友達も、簡単で可愛く仕上がる、寄せ石座の面白さにハマってくれたかしら??
もう、寄せ石座の面白さを熱く語りだしたら、それはもう、寄せ石座談会ですよ(笑)

っで、私ですが、通販で注文していたフレームは持参せず、なのに、石はこの日に追加で買い足したり・・・
みたいな、計画性のないことをしていたせいで、カフェでの制作できず・・・。

全部持ってくればよかった。もう、オバカチャン・・・。
なので、シンガポールに戻ってから、先日仕上げたのが、コチラ↓↓

P1020985.jpg

少し、秋をイメージして、紫とグリーンを合わせてみました。はい、常夏ですが・・・。
片穴のパールも、サイズがいろいろあるので、これから、頻度高めに使えそうです。
そして、このイヤリングとネックレスのパーツが、今回ジュエリーパレットシリーズで、貴和製作所から新発売されたもの。
ちょっとお値段高めですが、なかなか仕上がりに満足。
石座の大きさもちょうどいいです。(☆ジュエリーパレットシリーズのリンクこちらから☆)

P1020998.jpg

こちらも新作の石座のフレームを使用して作った、寄せ石座のイヤリング。
こちらは、グリーンでまとめてみました。

意外とこの色合いのイヤリングを持ってなくて、すでにヘビロテ。

・・・・以上、今回の寄せ石座でした(笑)
スポンサーサイト

チンホア銀座店

2015.09.15 08:00|一時帰国
昨日、サラッと雨が降ったのに、ちっともモヤモヤ晴れないじゃないかー!
もう、ヘイズのバカバカー。イクジナシ!(←byハイジ)
っと、そんな気分が上がらない日は、
日本での楽しかった日々を思い出し、そっと瞳を閉じてみる。愛してるとつぶやいて・・・・。なーんつって。

っということで、突然の一時帰国記事。
いやはや、一時帰国中は、主に赤羽で過ごすのみなんですが、
今回は、福井、韓国にも足を延ばし、そして、銀座にもお出かけしてみました。

DSC_3385_20150906210440e7c.jpg

和光。まさに銀座の象徴ですよねー。

さてさて、銀座では、シンガポールで初めてできたママ友と言っても過言ではない、
もう、6年来?7年来?のお友達との待ち合わせ。
久しぶりの再会を果たし、ランチを食べに向かったのがコチラ!

DSC_3372.jpg

チンホア・銀座店!! ☆HPこちらから
一時帰国なのに、シンガポールのお店によく行くよねー・・・っとお思いの皆様。
・・・えぇぇ、おっしゃる通りです(笑)
お友達ですら、「えっ、チンホア?もっと他に食べたいものでいいよ?えっ、なんで?」的な感じだったんですけど、
ここはね、ワタクシ、自他ともに認める「チンホア・ラバー」ですから、
いろんなチンホアをコンプリートしたい訳ですよ!

それに、もう3週間ほど、シンガポール離れてて、
福井のソースカツ丼やら、韓国のプルコギやら、赤羽のお好み焼やら・・・、いろいろ美味しいのですが、
そろそろチンホアも食べたくなってきたぞ!っていう。
「あれ?本帰国したらこんな感じ?昔の味を懐かしく思っちゃう日も来るかな?」
っていう、『あこがれの本帰国』を疑似体験してみたかったんです!!
本当に、くだらなくてスミマセン(笑)

っということで、チンホア・銀座店はこんな感じでした。

DSC_3376.jpg

店内、非常にシンプル、かつ、マーライオン。

DSC_3381.jpg

チンホアと言えば、お馴染み。
餡が見えちゃってるのにジューシーな餃子。だけど、一皿の数は少なめ・・・。

DSC_3380.jpg

小籠包は、やはりシンガポールの方が断然美味しかったです。
日本のは、ちょいと皮が厚めだったかな?
でも、悪くないです。美味しかったです。

DSC_3378.jpg

こちらは、ジャージャー麺。
ジャージャー麺は、量が多かった!!
大き目のラーメンどんぶりで登場したので、さすがにちょっとビックリ。

DSC_3377.jpg

ほうれん草のオイスターソース炒め。
これも定番ですが、量は少なめ。味もちょい薄め。

DSC_3379.jpg

酸辣湯のスープのみ。これ300円だった気がする。
お友達とシェアして頂きました。美味しかった。

っで、あれこれ食べて、ランチ代一人、1,500円!
シンガポールドルだったら、$16くらい!?
ん?シンガポールで食事するよりも安い?銀座なのに??
なんだか、シンガポールの物価高をこんなところで感じてしまって、恐ろしくなりました・・・。

DSC_3383.jpg

レジのそばには、マーライオンの写真も飾ってあります☆

っということで、チンホア・コンプリート作戦。
残すは、つくば店、白馬店、そしてイタリア店!!!(爆)
って、いやいやいやいや、さすがに、イタリア行っても、チンホアには行かんでしょ・・・(笑)
っていうより、なぜイタリア店なんだろう???チンホアって凄いなー(笑)
チンホア全体のHPコチラから。イタリア店についても書かれてます

ちなみに、銀座店にも「シンガポールで一番美味しい餃子の店」とか、書いておいて欲しかったな。
チャイナタウン店で、一番最初にあれを読んだ時の、あの衝撃を!!
・・・銀座の皆様にもお伝えしたいという、無駄な願望(笑)

場所は、竹葉亭の裏側辺りにありますので、気になる方、本帰国された方、行ってみて下さい。
銀座ランチに、なかなかオススメです☆

娘、江戸っ子になるの巻 其の三

2015.04.27 09:00|一時帰国
さて。
娘、江戸っ子になるの巻・其の三で、完結です!
・・・って、ここまで引っ張る内容ではなかったんですけど(笑)スミマセン。
其の一★ ★其の二

シンガポールへの帰国便は、羽田空港から出発。
近年、国際線のターミナルができた羽田空港
ここにも、江戸を味わえる場所があったんですよねー。

赤羽からは、定額タクシーを利用。
北区出発で、8,400円(高速代別)です。
「行きはヨイヨイ、帰りはコワイ」一時帰国ですので、重たい荷物をタクシーで運んでくれて、
しかも、1万円以内で空港まで連れて行ってくれるこのサービス。
今回は2回目の利用でしたが、もう虜!!
さらに今回は、新しく開通した山の手トンネルをビューンと空港まで一直線!!
ドアtoドアで、40分でした!早っ!!

っで、そんなこんなで、ゆとりある時間が発生。
イミグレ通過前の羽田空港を、江戸情緒を中心に散策をしてみました!!

DSC_2328.jpg

まずは、一般エリア4階の「江戸小路」へ。
江戸東京博物館の芝居小屋を思い出させてくれるこちらは、お土産物屋さんや、カフェ・ダイニングが入ってました。

DSC_2340.jpg

5階に上がると、「はねだ日本橋」なるものもありました。
これも、江戸東京博物館で、実物大の日本橋見てたのですが、
羽田空港の日本橋、混んでないので、娘、楽しそうに、行ったり来たりしてました(笑)

DSC_2342.jpg

こんなのも。お祭り広場だそうです。縁日でも・・・やるのでしょうか??
それにしても、外国人のお客さんが居るわけでもなく、ガラーンと空いてました・・・。
これは、時間帯によるものなのか・・・。がんばれ!羽田空港の江戸部分!!

江戸部分の人気はイマイチ?という感じがしたのですが、
これは、面白かった!!

DSC_2333.jpg

フライトシュミレーター!!
1回300円。
初心者コースを選んだ我が家も、ど下手でしたが、飛べました。
係のお姉さん曰く「どなたでも飛ばせます」だそうです(笑)

その他にも、飛行機の離着陸が一望できる、展望デッキや、
娘さんがはまってる「しろたん」という、ぬいぐるみのショップなんかがあって、
イミグレ通る前の方が、通った後よりもめちゃくちゃ充実している印象でした。
5:00起きで、あさイチから江戸で遊んで、飛行機の中爆睡の娘。
映画が見たい母的にも、悪くなかったです。

娘、江戸っ子になるの巻 其の二

2015.04.24 09:00|一時帰国
娘、江戸っ子になるの巻 其の一で、深川江戸資料館に行った翌日。
過去記事コチラ★娘、江戸っ子になるの巻 其の一

その翌日と言うのが、3月28日だったんですが、この日は、
両国にある、江戸東京博物館が、リニューアルオープンの日!!

P1020081.jpg

確か、3月28・29・30・31日の4日間、リニューアルオープン記念として、
常設展示の観覧料金が無料だったんです。
あっ、ここ、そもそも小学生は観覧無料なんですが・・・(照)★HPこちらから

っということで、これは行かない手はないでしょー♪
っと、すっかり孫娘との江戸散策にハマってしまった、うちの父・母(元々歴史好き)も一緒に、
二日連続の江戸体験に行ってきた訳です。

館内入るとまず、目に飛び込んでくるのは・・・

P1010980.jpg

実物大で復元された日本橋!!
ここが、江戸東京博物館の展示のスタートとなります。

っで、展示は、江戸の町並みや、町の人々の生活が再現された、
ジオラマが中心になってます。

P1010988.jpg

私や両親は、ジオラマをいろいろな角度から眺めては、あーだこーだ楽しめたのですが、
前日に、深川江戸の体験型施設で、思いっきり江戸を味わった娘からすると、ちょっと物足りなかった様子。
それでも、ジオラマの展示には、双眼鏡が何個か置いてあるので、
それを覗いて、楽しそうに江戸の町を見たりしてました。

江戸東京博物館にも、もちろん体験型の展示もあります。

P1020002-1.jpg

こんな感じの、火消しさんが持つ、纏(まとい)。
あまりの重たさに、娘さん一人ではギブアップ。
うちの父と一緒に、持ち上げてもらいました♪

P1020027-1.jpg

私も千両箱が置いてあったので、千両箱の持ち上げにチャレンジ!!
って、これも相当重たかった!!
ねずみ小僧は、これを肩に担いで、ひょいひょい屋根を越えて、逃げて行ったのだろうか・・・・。
時代劇、見過ぎ??いや、実際に千両箱持ったら、無理な気がしてならないわけで・・・。

あと、お殿様やお姫様が乗っていたような、お籠もありました。
娘と一緒に写真を・・・なんて思ったら、籠の中、お一人様で限界の狭さ・・・。
苦しゅうない??いやいや、苦しゅうなくない!!

P1020080.jpg

こちらは、芝居小屋
中には、歌舞伎の衣装をまとった蝋人形もありで、見ごたえ十分。
江戸歌舞伎と、遊女たちについての展示がされていました。
そして、芝居小屋の前では、チンドンピーヒャラと、お囃子の演奏も。
江戸の情緒もたっぷりです。

前日の深川江戸資料館では、江戸の下町の町人の暮らしを中心に理解を深めましたが、
この日の、江戸東京博物館では、身分制度のあった江戸での、それぞれの文化を細かく学べた感じです。

さらに、リニューアルオープンした、江戸東京博物館は、江戸だけでは終わらない!!
江戸時代から明治維新、さらに文明開化に、関東大震災、そして戦争の記憶と、戦後復興・・・。
今の私たちがいる現代に至るまで、ぜーんぶ展示があります。

その時代ごとの体験型の展示もありますし、時間がくるとジオラマの仕掛けが動く展示もあったり。
本当に、見ごたえ十分、十二分なんです。

なので、今回は「娘の江戸っ子体験」を中心に書きましたが、本当はまだまだあるんです。
あるんですけど、量的にギブアップ・・・(笑)
っということで、この日も、江戸についての疑問を、また解決していった娘なのでしたー。

・・・っで、まーさーかーの「其の三」に続きます(笑)

娘、江戸っ子になるの巻 其の一

2015.04.22 09:00|一時帰国
一時帰国の写真の整理が一段落しまして、少しだけ日本での事を・・・。

さて、一時帰国前の娘さん。
突然、どうしちゃったの??ってくらい、江戸にハマりだす・・・!!
元々、古い昔の写真、歴史的建造物、寺院や神社なんかが好きで、
マラッカ、ペナン、アユタヤなどの、近隣諸国の古都めぐりなんか、
飽きないどころか、前のめりで参加してくれる女子ではありました・・・。
私も大好きなので、同じ趣味趣向になってくれて、嬉しいのは嬉しいのですが、
江戸にハマりだした時は、私のななめ上を行く勢いで、質問攻めの毎日だったんですよねー。

その質問と言うのが、
「江戸時代の人は、どうやってトイレをしていたの??」
「江戸時代の人は、どうやってご飯を作っていたの??」

・・・と始まり、
「江戸時代のおうちって・・・」
「江戸時代の小学校って・・・」
「江戸の・・・」
「江戸が・・・」

えぇぇーーーい!!
毎日毎日、江戸江戸うるさいわーい!!
エド・はるみか!!


っと、母爆発・・・(笑)
もう、質問のたびにグーグル先生に聞くのも疲れてしまい、
問いかけへの答えもおざなりになっていく一方でしたので、
今回の一時帰国では、ここに行こうと、心に決めていたんです。

・・・っということで、行ってきました!

P1010910.jpg

深川江戸資料館!!
最寄りは、大江戸線・半蔵門線の清澄白川駅。
私の父・母も、孫娘と一緒に江戸体験です。
HPコチラから

P1010914.jpg

館内入ると、江戸の町並みが広がってます。
娘、もうこの時点で、江戸への興奮MAX!!

・・っと、まぁまぁと、落ち着かせての、江戸の町を散策開始。

P1010955.jpg

こちらは、長屋にお住いの、三味線のお師匠さんのお宅。
深川江戸資料館は、体験型の学習施設ですので、このお宅にも上がることができます。
他にも、木挽職人さんのお宅に、八百屋、米屋、船宿など、江戸時代の深川を実際に触れてみて、感じることができるんです!
しかも、館内にはガイドさんが数名いらっしゃり、町の中を案内して教えてくださいます。
外国からのお客様の対応をしてらっしゃる、英語の話せるガイドさんも居ましたよ!

私たちのグループにも、ガイドさんが付き添ってくださり、娘にあれこれと江戸のことを教えてくださいました。
ありがたやー、ありがたやー。

っということで、娘の江戸時代への疑問も少しずつ解決!

P1010924.jpg

江戸時代の台所にて、ごはんの支度を体験したり・・・。
でも、「わぁーい、キッチン、キッチン」言ってたなー(笑)

P1010940.jpg

こちらでは、江戸時代のトイレを確認したり・・・。
でも、「おぉー、スクワットなんだー」って言ってたなー(笑)
※スクワットとは、しゃがんでするスタイルのことです。

やはり、娘の人生の中では、シンガポールの方が長いので、
どーしても、「外国人が日本の文化に触れる」というのに、
近いものを感じてしまって仕方ないのですが・・・。
いやいや、それでも、娘は日本人!!
しっかりと、日本の文化に触れていって欲しいものだと、感じました。

っということで、娘、江戸っ子になるの巻・・・続きます。
| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Profile

アカバネーゼ

Author:アカバネーゼ
2009年6月に渡星。
東京都北区赤羽で青春時代を過ごす。
生まれも育ちも赤羽の旦那と、赤羽で出会い結婚。
娘が生まれ、家族3人、シンガポールライフを満喫・・・してました。
2015年度のシンガポール7年目が終わり、2016年3月末に日本へ本帰国。

What's New!

Monthly Archives

Categories

Comments

Visitors

Links

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。