スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唐レストラン Tang Restaurant Bar Supper Club

2016.03.17 22:00|火鍋・鍋物
本帰国前に、どうしても食べておきたいもの・・・。
私が、真っ先に思い付くのは、やっぱり、火鍋!!
この国で火鍋に出会い、
暑い国で、熱い鍋料理を食べるなんて、アリエナイ!!とまで思っていたのに、
どうしたものか、7年住んで、もう火鍋なしではいられない体になってしまったんですよねー(笑)
これ、帰国してからどうしよう・・・とか、本気で考えちゃうレベルでして・・・(笑)

そんな火鍋屋さんを、帰国前にいろいろ食べ歩いているのですが、
ここの火鍋屋さんは、美味しかった!!

P1040634.jpg

唐レストラン  Tang Restaurant Bar Supper Club
昨年の11月にオープンしたという、こちらのお店。店内とってもキレイ。

P1040635.jpg

個室もあります。ベビチェアもありました。
14名まで、収容可能らしく、それよりも多い人数さんですと、
前の写真のスペースに、20人ほどなら席が組めるのだとか!!
火鍋は、みんなで食べる方が楽しいので、大勢で鍋をつつけるのいいですね!!

P1040643.jpg

こちら、タレ。
自分で調合するのではなく、お店の方が、美味しいタレを作ってサーブしてくださいます。
本帰国の私なきあと、タレ作りのお世話とかできないし、みんな各自ファイト!!!
・・・・って、思ってたんですが、ここなら、タレの作り方が分からなくても大丈夫・・・ですね。

P1040648.jpg

で、辛いのが苦手な方は、甘いタレもちゃんとあります。心配ご無用。
さらに、タレは自分で調合してなんぼ!っという、通の方は、ちゃんとご自身でも作れますので、ご安心を!
カスタマイズもキャンです。

P1040651.jpg

ハイ、火鍋登場!!
火鍋と言えば、麻辣。
それと、ハウス・スペシャル・スープという、豚の骨と、魚の骨から取ったスープのコンビネーションで。
このスペシャルスープなるものが、めっちゃ上品なお味で美味しい!!
スープだけを最初に頂いたのですが、飲み口がスッキリ。無駄な後味なし!
これだけ飲んでたいくらい。いや、実際、娘さんがめっちゃこれだけ飲んでましたが・・・(笑)
辛いのは苦手と言う方、トマトスープもありますよ。
そして、どのスープも「No MSG」とのこと。

さて、鍋に具を入れていきましょう!

P1040654.jpg

ここに来たら、必ずオーダーしたい一品。
唐レストランのシグネチャーメニューのトップを飾る、フィッシュスライス。
しゃぶしゃぶとする程度で頂くのですが、身が柔らかくて、ふわふわで美味しかった!!

P1040660.jpg

そして、海老のすり身。シュリンプ・ペースト・ドームという、これまたシグネチャーの1品。
これ、他のお店の海老のすり身と違って、海老の身が大きいまま入ってるんです。
だから、すり身の中でも、まだ海老の食感がちゃんと残ってて、めっちゃ美味しい!

P1040663.jpg

こちらは、ハンドメイド・ダンプリング。
やっぱり、ダンプリング系は、ハンドメイドモノが一番ですね。美味しかったです。

P1040664.jpg P1040667.jpg

お肉は2種類、牛と豚と。
右の写真の豚肉は、モモイロ・ポークベリーというお肉。
桃色は、クローバーだけではなく、ポークベリーの世界でもあるんだZ。

P1040673.jpg

鍋に入れる麺も、ハンドメイド。
こちらは、ほうれん草が練り込まれた、緑のヌードル。もちもちで、美味しかった☆

さて、こちら、火鍋屋さんで間違えないのですが、バーでもあるんですね。
なので、お店入ってすぐの所には、バースペースがあります。
そんなバー併設の火鍋屋さんなんで、店内流れてる音楽とかも、めっちゃ火鍋屋っぽくない。超絶オシャンティー。
我が家、中国・台湾系のバラードの曲に、
勝手に日本語の歌詞乗せて、即興で歌を作るという遊びが好きなんですが、
ここの空間は、オシャンティーでそんな場合ではなく(笑)

そんな、唐レストランで是非、頼んでいただきたいのが、ワインだったり、ラジバンダリ↓↓

P1040674.jpg

こちらのワイン、火鍋に合うワインをカップリングしてあり、
辛い料理に負けない味のワインでと用意してくれます!
火鍋にワイン、良いですよ!!めっちゃ、合う!!火鍋に合うの、ビールだけじゃなかった!(笑)
その他に、日本酒や焼酎もあるらしいのですが、私、のん兵衛なのに、日本酒と焼酎は飲めないんですよねー・・・無念。

P1040675.jpg

そして、火鍋ではなく、バースペースだけの利用で、でも、小腹がすいている方。
安心してください、履いてますよ・・・、じゃなかった、お食事もありますよ
唐レストランでは、チャイニーズ・タパスという、中華系のプチメニューあります。
上の写真は、小ぶりな担々麵。麺は、先程のほうれん草麺。
小ぶりですが、私と主人でシェアして頂いても、十分な量で、これで$6・・・。
ちなみに、火鍋に入れるほうれん草麺は、$3・・・。
手が込んでるメニューなのに・・・安いんです。そして美味しい・・・。言うことなし。

P1040676.jpg

火鍋の〆には、デザートも出てきます。お口がさっぱり。
ごちそうさまでした。あー、美味しかった!!

こちらのお店、最寄り駅は、オートラムになるんですが、
比較的チャイナタウン界隈から、近い場所
にあります。
住所:25 Keong Saik Road, Singapore, 089132
お店のFBはこちらから
チャイナタウン駅からオートラム方面に、チャイナタウン散策をしてから、
ランチに火鍋とか・・・したかったなー、私(笑)
チャイナタウンの火鍋屋って、ドローカル過ぎて、さすがに主人いないとハードル高くて・・・。

で、こちらだと、日本人のスタッフさんが居るんです。
ランチタイムは、お店にいらっしゃるとのことなので、
火鍋を食べたいけど、食べたことがない方や、食べ方がイマイチ分からない方でも、
いろいろとアレンジしてくださいます。
予約も、日本語で対応してくれますので、突然中国語でまくし立てられることもありません(笑)
日本語の予約電話番号:+65-9298-1951

ランチメニューも、ヌードルとダンプリングもあるようですよ。
ランチのヌードルは担々麺の他に野菜、スープ、涼麺の4種類、ダンプリングは野菜、お肉、シーフードの3種類があるそうです。


で、本帰国前に、火鍋への思いを語りますが・・・(笑)

私、友達みんなで火鍋を食べるのが大好きなんです。(あっ、家族もですよ。)
日本でも、隙あらばやりたいのですが、
シンガポールにまだいらっしゃる皆様、火鍋食べるなら、火鍋がそこら中にある、今のうちですよ(笑)
そして、「火鍋」だけじゃなくて、「みんなで食べる楽しみ」を、もっともっと味わって頂けたら、
いろいろと、もっと平和になるんじゃないかなーって思います(爆)
あっ、深い意味はないですが・・・(苦笑)
だって、同じ鍋をつつける間柄って、なかなか素敵だと思うんですけどねー。・・・・なーんちゃって。

唐レストラン、オススメです。
是非是非、お友達と、ご家族と、同じ鍋をつつきに行ってくださいね♪
スポンサーサイト

朝天門火鍋王

2016.02.21 20:00|火鍋・鍋物
旧正月から2週間経って、ようやくお正月ムードも終わりのシンガポール。
っで、今年の旧正月のチャイナタウン・・・。
もちろん、今年の干支の猿で飾られているのですが、
なーんか今年のチャイナタウンの猿が、例年に比べてショボい気がして(笑)、
全く観光する気になれず・・・。

DSC_2759_201602240901132f2.jpg

↑↑↑こんな感じです。
用事のついでに、一応写真撮ってみたんですが、
こんな感じのキャラクターモノ?みたいな感じの小さい猿が、
メインストリートの、ニューブリッジロードに並んでいるという。
交差点に飾られる、大きい飾りも、猿・・っというより、木!!!
木が茶色なら、木にぶら下がるお猿さんもまた茶色で、同化しちゃって、どうかしてるぜ!!

昨年の、あごにヒゲ蓄えた山羊のリアルさとか、どこ行っちゃったの!!

P1010592-1.jpg

今年の猿をこんなにも可愛くできたなら、
このひつじ年・・・いや、ヤギ年も、もうちょっとこうなんかあったでしょ・・・
・・・と言いたくなるヤギ年女is私・・・(笑)

っということで、過去のチャイナタウン飾りをまとめてみたので、お時間あったら、ご覧ください。

やっぱり辰年はすごかったのがコチラ
かくかくしたヘビ年はコチラ
見事なオレンジの馬年ギャロップがコチラ
リアル・山羊はコチラ(未年)☆

-------ヤ-------マ--------オ---------リ--------

さて、チャイナタウンの本当の用事はコチラ↓

DSC_2756_201602240857455c4.jpg

朝天門 火鍋王!!
そう、うちの用事って言ったら・・・、だいたい火鍋っす(笑)

こちらの店名にもなっている、朝天門ですが、
中国・重慶の有名な観光名所「朝天門広場」から、その名を取っているようで、
店内にも、大きな写真が飾られていました。
そんな、朝天門がコチラ↓

20101130031609452[1]

朝天門とは?
中国の長江上流の直轄市、重慶(じゅうけい)(チョンチン)市街の東端エリアにある広場。
かつて、地方官吏が皇帝の勅命を発した場所だったことから、こう名づけられた。
この公園がある朝天門埠頭は、嘉陵江と長江の合流地帯に突き出た埠頭であり、古くから長江の水運の要衝(ようしょう)だった。

そう、川と川がぶつかる、水運の要衝の朝天門。
そのぶつかる川の色が2色に分かれているんですよね。
重慶は火鍋の発祥地でもありますし、朝天門のこの川同士がぶつかりあう2色が、
どこか火鍋を思わせるなー・・・なんて、火鍋をつつきながら思った次第です。


さて、火鍋ハンターの主人曰く、チャイナタウンにオープンしたばかりとのことで、

DSC_2745.jpg

店内、とってもキレイです!

DSC_2746.jpg

たれコーナーも充実してました。

DSC_2744.jpg

さて、お待ちかねの火鍋。
スープもシンプルで美味しかったです!!

DSC_2751.jpg

っで、特筆するところがコレ↑
ホームメイド・ダンプリングがめちゃウマ!!!
こちらのお店、注文して持ってきてもらうタイプの自助火鍋なんですが、
こういう、食べ放題のお店のダンプリングはたいてい冷凍もの・・・。
でも、ここのは本当にちゃんと手作りだと思います。
他のお店のそれとは、ぜんっぜん味が違いました!!
こちらに行かれる場合は、是非お試しくださいね。

◎HPが見つからないので、お店情報◎
Chao Tian Men Hot Pot King
275 New Bridge Road, Singapore 088750
6220-8812

Hai Di Lao IMM店!

2015.12.27 10:00|火鍋・鍋物
2015年の終わりも迫ってきてる中で、火鍋記事2本目!イキマス!

過去に何度もこのブログで取り上げてきた、火鍋屋さん。
Hai Di Lao!
そのハイディーちゃんが、クラークキー店、サマセット店に続いて、3店舗目をオープンさせました。

DSC_4184-1.jpg

ジュロンにあるショッピングセンター、IMM店!!

っで、写真でもお察し頂ける通り、こちらの店舗、間口小さめ・・・。
クラークキー店は、リフトで上がってすぐの2階のフロアをドドーンと使っている広い店舗。
サマセット店も、元々大きなHMVだったところを改装して、ハイディーちゃんが入ったので、広い。
でもね。IMM店。
お店の前で入店を待つスペースすらなく、椅子も5~6個置いてあるだけで、店頭で待ってる家族も1家族のみ・・・。
・・・なんですが。

DSC_4180.jpg

入口カウンターには、ハイディー恒例の「席がないから、これ食べて待っててね」のお菓子が所狭しと並べられてる!
おぉぉ、待たされる可能性も、そりゃあるんだな・・・・っと(笑)
で、我が家。
この日は予約なしで、でも早めの時間にお店行って、Qナンバーだけもらって、席が空いたら連絡もらう方法で行こうと。
IMMは、このショッピングセンター自体が、アウトレットモールになっているので、お買い物も楽しいところなので。
・・・っていう、気持ちでいたのに。
「はい、お席ご案内しまーす!」
・・・って、ハイディーさんなのに、まーさーかーの予約なし、待ち時間なしで入店・・・(笑)
本当に、お腹空いててなるべく早く入りたい時には、ものすっごい待つのに、
ちょっとお買い物楽しんでからでいいよね、みたいな気分の時に限って、すぐに入れちゃう・・・!!
でも、このタイミングでありがたく席にご案内頂きました。

さて、メニューは3店舗とも、変わりはないのですが、特筆すべきはコレ↓

DSC_4165-1.jpg

店内もめっちゃ狭い!(爆)
この狭さ、カンフーヌードルのお兄さん、そーとーしんどいだろうなー・・・と、心中お察ししたいレベル・・・。
っで、ご注文した家族と、麺伸ばしのパフォーマンスの近いことこの上なし・・・でした。

そして今回は、久し振りにHai Di Laoに行ったので、以前からやろうと思っていた、
バネ家の火鍋タレのレシピをご紹介したいと思います。
火鍋は、食材を煮るスープにも味がありますが、
それをつけて食べる「つけダレ」が美味しくないと、台無しになってしまうことがあります。
今回、ご紹介するつけダレは、あくまで個人的に美味しいと思っているものです。
ただ、火鍋を初めて食べるお友達と行くときに、このタレの作り方をお教えすると、グルメなお友達も美味しいと言ってくれます。
もし、ご興味があれば試して下さったら嬉しいですし、いつもと違う味でと言う方も、ご参考になれば嬉しいです。

DSC_4167.jpg

こちら、たれコーナー。
タレを作るお茶碗は、大小二種類あると思いますが、思い切って、大の方を手に取って下さい。
大のお茶碗の分量で記載します。

DSC_4168.jpg

まず、セサミペースト。要は、ゴマダレをお玉で約3杯入れます。
これ、ゴマダレですが、若干ピーナツペーストも入ってます。甘いです。

DSC_4169.jpg

そして、Soya Sauceを少量。結構塩辛いので、少しで大丈夫です。
しょっぱさが足りなければ、Soya Sauceで調節してください。
同じ色味で、ビネガー(お酢)もあるので、間違えないようにしてください。

DSC_4170.jpg

パクチーとネギ、お好みで。セロリもあります。(私は苦手なので入れてません)

DSC_4171.jpg

ピーナッツの砕いたの。これもお好みで。

DSC_4172.jpg

ガーリック。これもお好みですが、苦手でしたり、臭いが気になる場合は、なくても大丈夫です。

DSC_4173.jpg

ごま油。これは入れてください。風味増します。

DSC_4174.jpg

菌王醤。マッシュルームソース。これは、上に溜まっている油のところではなく、
下に沈んでる、具のところを少量入れてください。

そして、白ごまもあるのですが(写真撮り忘れ)これも、お好みで入れてください。

以上を全部入れると、こんな感じです。

DSC_4177.jpg

そして、食べるときに、お箸でグルグルと混ぜて、お肉やお野菜を付けて食べます。
パクチー、ネギ、ガーリック、などが多目だと、サラッとしたタレよりも具の多い感じのタレになって、
お肉でタレを巻いたりしながら食べるのがおススメです。お豆腐に乗っけても美味しいです。

ハイディー以外の火鍋屋さんでも、たれコーナーがこんな感じのラインナップでしたら、
同じように、タレを混ぜてみて下さい。だいたい美味しく作れると思います。
でも、ここのたれコーナーが一番美味しいかな・・・?(笑)

ぜひぜひ、忘年会、新年会、送別会、歓迎会などなど・・・、火鍋を食べるときに、お試しください!!

ラクサ鍋に行く

2015.12.26 09:00|火鍋・鍋物
先日、お世話になった方・・・いえ、お世話になった方々(複数)の本帰国&スライドで、
送別会があったのですが、その会場が、ここでした↓

DSC_4129.jpg

San Laksa Steamboat!! ★お店のHPコチラから
こちら、ハーバーフロント界隈にある、ラクサ鍋のお店。
Sanは、「太陽」のSunではなく、「山」の方・・・。山ちゃん・・・いや、山さんの方がしっくりくる?刑事っぽい?
っていうかむしろ、マウンテンか。マウンテンなラクサ。ラクサ山・・・力士っぽいか・・・?
まぁ、その辺のツッコミもお好みで★

DSC_4132.jpg

店内、こんな感じ。
壁の装飾とかも、ツッコミどころ満載でして、ナポレオンとか居ます・・・。

っで、店名や、店内にツッコんでる場合じゃなくてですね。
私、ラクサ鍋、初めて食べる!!
どういうものなのか、食べ方すら分からんまま席に着くっと・・・。

DSC_4134.jpg

すると、白湯とラクサのハーフ鍋登場!!

DSC_4136.jpg

それから、たくさんの食材が登場。
これ、セットとかではなく、注文方式。注文用紙に、必要数書いて、お店の人に渡します。
・・・って、全部、幹事さんがやって下さってるんですが。
しかも、この食材を鍋で煮るのも、ここにいる全員がお母さん(ママ友)なもんで、
全員が立ち上がって、全員で鍋に食材入れるので、
かなりオモローな光景になってました(笑)圧巻!
私、鍋奉行な方ですが、出る幕ないので、ずっと座ってましたもん・・・。

で、ラクサ鍋、めっちゃ美味しかったです!!
ラクサで白菜煮ちゃうとか、ちょっと心配だったんですが、案外イケるもんなんですね。
でも、カトンラクサなんかのいわゆる本場ラクサに入ってる、ニュルッとした、あの短いぶつ切りの春雨・・・。
あれも、食材で注文してあって入れたのですが、まーさーに、フツーにラクサになりました。
ラクサを鍋いっぱい食べてる感覚・・・っていうんでしょうか(笑)

あと、ラクサ鍋は、ずっと火にかけていると、ドロドロになって、濃ゆくなってくるのも、凄かった!!
鍋の中、地獄みたいになってましたよねー・・・・(笑)マグマみたいな。

こちらのお店調べたら、いろいろなローカルのブロガーさんが、記事を書いてるようでして、
シンガポールのオススメHot Potランキングとかで、めっちゃランクインしてたので、気になってました。
こんな機会を頂けて、行けてよかった!美味しかったですし、おススメです。

DSC_4140-1.jpg

最後は、みんなでの乾杯シーンで。
私、この日、お薬飲んでて、ビール飲めなかったー!!っていう意味でも、貴重な1枚(笑)

この日は、ご一緒させて頂き、ありがとうございました。
そして、シンガポールではたくさんお世話になり、本当にありがとうございました!
どんどんシンガポールからお友達がいなくなっちゃうなー・・・(涙)
寂しいけど、また会いましょう!!お元気で!

Beauty in The Pot

2015.12.04 10:00|火鍋・鍋物
いつも行く火鍋屋がマンネリ化してきて、火鍋屋を新規開拓中の我が家。
以前から気になっていたこちらに、ついに行ってきました!!

DSC_3919.jpg

Beauty in The Pot!
アイヤー、『美が入ってる火鍋』とな!?
これは、期待が高まる!!

っで、一度、夕食にはちょいと早めの、17時くらいに行ってみたのですが、席が空くのが23時だと言われ断念。
この日はその場で、翌週の予約を入れて帰りました。
私たちが予約している間も、お待ちの方は増える一方・・・。
こちらに行かれる場合は、予約がマストです!!

さて、満を持しての入店。
スープは、こちら↓

DSC_3901.jpg

麻辣と、ビューティー・コラーゲン・スープの2種類しかありません。
いや、「ビューティー・コラーゲン・スープ」だけでも、私的にキャン。
もうこれ以上ないくらい、女心を鷲掴みにしてくれちゃう、このスープ名。
心躍らない、女性はいないでしょ!?
そう、このお店の名前は、このスープあってこその名前になっているんです!!(胸アツ)
うちはハーフで頼みましたが、ビューティー・コラーゲン・スープ、略してBCSだけのオーダーもできます。

DSC_3900.jpg

たれコーナーも充実のラインナップ!!
変わり種として、タイ風のタレも置いてありました。
ちょっとスパイシーで美味しかった!

DSC_3903.jpg

そして、おかわり自由なご飯もあります。
このご飯も、火鍋の料金に含まれていますので、食べ盛りのお兄ちゃん、出番ですよ!(笑)

DSC_3904.jpg

さて、火鍋に入れる具ですが、この「魚のすり身を、また魚にした」若干ややこしいコチラ↑
Beauty in The Potのシグネチャーメニューになってます。2つから注文可能。
っで、うちも早速注文し、鍋に投入。
ふちゃっとしたら出来上がりでして、食べてみたら・・・、
うん、「すっごい高級な、はんぺん」という感想で満場一致(笑)
なかなか美味しいので、これも一度は試してみて下さいね!

正直「美が入ってる火鍋」というので、もっと漢方臭いのかなーなんて思っていたのですが、
スープもめちゃくちゃ美味しくて、そのまま飲んでいたいほど。
食材も美味しいし、オーダーしてから、テーブルに運ばれてくるまでがスムーズで、そんなに待ちませんでした。
しかも!!!
店員さんがテーブルのサービスが終わると、去る前に、
仰々しいほどのお辞儀をしてくださいます・・・。
もう、あまりにも深々とお辞儀されるもので・・・。
これがねー、日本人の悲しい性なんでしょうか・・・
お辞儀されると、お辞儀し返しちゃうから、ごはん食べる手が一旦止まっちゃう!!
それくらい、もう無視できないお辞儀がスゴイです!

さあ、火鍋を食べ進めていくと、スープを追加したくなるタイム突入。
でも、ここは店員さんが事前にテーブルに追加のスープを置いて下さいます。
それが↓

DSC_3906.jpg

追加コラーゲン4本セット!
もう、この際、ドモホルンリンクル的な勢いですよ!
初めてのお客様でも大丈夫!
最後の1滴まで飲みたくなる・・・(笑)
もう、「コラーゲン!コラーゲン!!」言いながら、ジャバジャバと追加スープも投入しました!

あと、こちらは、是非とも、全火鍋屋での導入を検討して頂きたいアイテム!

DSC_3908.jpg DSC_3909.jpg

火鍋の中で麺がバラバラにならない、火鍋用振りざる
(↑長いですが、ドラえもん風に読んでくださると嬉しいです(笑))
これ、なんで今まで他のお店で見かけなかったんだろう・・・。
ちょっと考えれば、こんなに火鍋向きのアイテムって他にないのに!!目から鱗。
これから、火鍋行くときに、マイ・振りザル持参したいほどです。

DSC_3918.jpg

さて、火鍋の最後には、お口をスッキリさせてくれる、デザートが登場。
柚子のシャーベットでした。美味しかったー!!

以下、お店の情報です。
Beauty in The Pot HP
8色小籠包でお馴染みのパラダイス・ダイナスティーと同じ、パラダイスグループのお店です。

11 Tanjong Katong Road, One KM, #02-21, Singapore, 437157
TEL:6702-2542

Business Hours:
Mon-Thurs 11am to 3pm (Last Order at 2pm) 5:30pm to 1am (Last Order at 12:15am)
Fri, Sat and eve of PH 11am to 3am (Last Order at 2:15am)
Sun and PH 11am to 1am (Last Order at 12:15am)

現在のところ、パヤレバのOne KMにしか店舗はありませんが、
来年の1月?にオーチャードのセンターポイント?オーチャードセントラル?セントラルドグマ?
もう、オーチャのビルの名前が似すぎて、どこだったかアヤフヤになってしまったんですが、
とにかく!オーチャにもこのお店オープンするそうです!これは楽しみ!!
これは、リピ確実!オーチャ店もオープンしたら、レポしたいです!
| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Profile

アカバネーゼ

Author:アカバネーゼ
2009年6月に渡星。
東京都北区赤羽で青春時代を過ごす。
生まれも育ちも赤羽の旦那と、赤羽で出会い結婚。
娘が生まれ、家族3人、シンガポールライフを満喫・・・してました。
2015年度のシンガポール7年目が終わり、2016年3月末に日本へ本帰国。

What's New!

Monthly Archives

Categories

Comments

Visitors

Links

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。