スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘、江戸っ子になるの巻 其の一

2015.04.22 09:00|一時帰国
一時帰国の写真の整理が一段落しまして、少しだけ日本での事を・・・。

さて、一時帰国前の娘さん。
突然、どうしちゃったの??ってくらい、江戸にハマりだす・・・!!
元々、古い昔の写真、歴史的建造物、寺院や神社なんかが好きで、
マラッカ、ペナン、アユタヤなどの、近隣諸国の古都めぐりなんか、
飽きないどころか、前のめりで参加してくれる女子ではありました・・・。
私も大好きなので、同じ趣味趣向になってくれて、嬉しいのは嬉しいのですが、
江戸にハマりだした時は、私のななめ上を行く勢いで、質問攻めの毎日だったんですよねー。

その質問と言うのが、
「江戸時代の人は、どうやってトイレをしていたの??」
「江戸時代の人は、どうやってご飯を作っていたの??」

・・・と始まり、
「江戸時代のおうちって・・・」
「江戸時代の小学校って・・・」
「江戸の・・・」
「江戸が・・・」

えぇぇーーーい!!
毎日毎日、江戸江戸うるさいわーい!!
エド・はるみか!!


っと、母爆発・・・(笑)
もう、質問のたびにグーグル先生に聞くのも疲れてしまい、
問いかけへの答えもおざなりになっていく一方でしたので、
今回の一時帰国では、ここに行こうと、心に決めていたんです。

・・・っということで、行ってきました!

P1010910.jpg

深川江戸資料館!!
最寄りは、大江戸線・半蔵門線の清澄白川駅。
私の父・母も、孫娘と一緒に江戸体験です。
HPコチラから

P1010914.jpg

館内入ると、江戸の町並みが広がってます。
娘、もうこの時点で、江戸への興奮MAX!!

・・っと、まぁまぁと、落ち着かせての、江戸の町を散策開始。

P1010955.jpg

こちらは、長屋にお住いの、三味線のお師匠さんのお宅。
深川江戸資料館は、体験型の学習施設ですので、このお宅にも上がることができます。
他にも、木挽職人さんのお宅に、八百屋、米屋、船宿など、江戸時代の深川を実際に触れてみて、感じることができるんです!
しかも、館内にはガイドさんが数名いらっしゃり、町の中を案内して教えてくださいます。
外国からのお客様の対応をしてらっしゃる、英語の話せるガイドさんも居ましたよ!

私たちのグループにも、ガイドさんが付き添ってくださり、娘にあれこれと江戸のことを教えてくださいました。
ありがたやー、ありがたやー。

っということで、娘の江戸時代への疑問も少しずつ解決!

P1010924.jpg

江戸時代の台所にて、ごはんの支度を体験したり・・・。
でも、「わぁーい、キッチン、キッチン」言ってたなー(笑)

P1010940.jpg

こちらでは、江戸時代のトイレを確認したり・・・。
でも、「おぉー、スクワットなんだー」って言ってたなー(笑)
※スクワットとは、しゃがんでするスタイルのことです。

やはり、娘の人生の中では、シンガポールの方が長いので、
どーしても、「外国人が日本の文化に触れる」というのに、
近いものを感じてしまって仕方ないのですが・・・。
いやいや、それでも、娘は日本人!!
しっかりと、日本の文化に触れていって欲しいものだと、感じました。

っということで、娘、江戸っ子になるの巻・・・続きます。

Comment

非公開コメント

| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Profile

アカバネーゼ

Author:アカバネーゼ
2009年6月に渡星。
東京都北区赤羽で青春時代を過ごす。
生まれも育ちも赤羽の旦那と、赤羽で出会い結婚。
娘が生まれ、家族3人、シンガポールライフを満喫・・・してました。
2015年度のシンガポール7年目が終わり、2016年3月末に日本へ本帰国。

What's New!

Monthly Archives

Categories

Comments

Visitors

Links

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。