スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛角で美味しいお肉。

2015.04.16 09:00|食事
先日、焼肉でお馴染み、あの牛角のメニューが新しくなったということで、
お声掛け頂き、牛角さんでの試食会に参加してきました!!

P1020238.jpg

お邪魔させて頂いたのは、牛角・チャイムス店!
今、教会はリノベ中ですが、牛角さんは、通常通り、営業中です。
牛角のHPコチラから ★Gyu-Kaku Singapore

P1020237.jpg

細長い店内、奥の奥にある、大奥に、個室があります。
あっ、女性限定ではないですよ(笑)
予約時、来店時に空いていれば、個室料もなく、誰でもお使いいただけるようです。
もちろん、ベビチェアもあります。
今回は、こちらで、美味しいお肉を頂きました!!

P1020175.jpg

まずは、焼肉のお供、キムチ盛り合わせ。
牛角のキムチって、ちょっと甘くて、私、大好きでして。
日本ではスーパーでも手に入るのに、こちらはお店でしか味わえないので、必ずオーダーする1品。

P1020176.jpg

そして、早々に、本日の主役とも言える、A4ランクの特選黒毛和牛が登場!!
シンガポールで「和牛」と呼ばれるものは、オーストラリアのモノが多いようなんですが、
これは、正真正銘、日本の鹿児島産の純黒毛和牛!!
「本当に美味しいお肉を、シンガポールでも食べられるお店を」という熱い思いで、
安定して、日本からの供給ルートを確保されたようで、
まーさーかーの値段を下げての新登場!
今までよりお安くなったのに、クオリティーは上がっちゃってます。どんだけー!!

P1020191.jpg

もう、お肉を一目見てね、そのサシの入り方に、一目惚れですよ。
第一印象から決めてたんで、もう付き合って欲しいほど。
っで、このお肉を網にジュー・・・っと乗せると。

すると、ご担当頂いていた、日本人スタッフの方が、
お肉の美味しい焼き方を伝授してくださり、
「お肉を返すタイミング」についてが、レクチャーが。

P1020192.jpg

この上の写真のように(って、写真だと分かりにくくて申し訳ないのですが・・・)、
お肉の表面に、脂が浮きあがってきたら、ひっくり返す良いタイミングなんだとかで・・・。
「今です、今!その瞬間がターン!!と、ご担当者さんが、松岡修造氏に見えたりしました(笑)
美味しいお肉にかける思い、熱いです!
いやー、それにしてもこのお肉、本当に美味しかった!!

P1020199.jpg P1020205.jpg

そして、日本から人気メニューも上陸!
ぶっかけラー油deカルビ!
美味しかったdeござる!!

P1020206.jpg P1020207.jpg

こちらは、キング・ハラミ!!このボリュームで$10!!
右の写真のサンチュは、別オーダーになりますが、薬味も豊富で、カルビによく合う!

P1020211.jpg

キングハラミは、こんな感じで、ハサミでジョキジョキと・・・。
もう、「切り終わる瞬間がスタート」とばかりに、箸を構えて待ってしまいましたよね(笑)
大家族?みたいな。

サイドメニューも充実した盛り上がり♪

P1020220.jpg P1020221.jpg
P1020223.jpg P1020224.jpg

・小海老のにんにくバター焼き
・海鮮チゲスープ
・キノコホイル焼き
・炙り和牛寿司


デザートも頂きました!!

P1020230.jpg P1020234.jpg

こちらは抹茶のアフォガード。
抹茶を茶せんで立ててから、アイスにかけます。
このひと手間、チャイムスに観光で来られる外国のお客様とかに、うけそう!
そして、アイスで焼肉の後のお口もさっぱり!

P1020228.jpg

それから、こちらも日本の人気メニュー「おさつバターアイス」
大学芋にアイスが乗っかったのを、温めてるだけ?のように思うんですが、
はちみつの隠し味もあったりで、これ、美味しかったです!

ますます、お得に美味しく生まれ変わった、牛角。
シンガポールでは高級焼肉店のイメージが強いですが、
リーズナブルなメニューもぐんと増えた印象でした!!
是非、一度、HPからメニューだけでも見てみて下さい。★メニューこちら
今までの、牛角のイメージが変わると思います!!しかも、本当に美味しかった!!

お世話になった、スタッフの皆様、ご一緒してくださった皆様、ありがとうございました。

Comment

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Profile

アカバネーゼ

Author:アカバネーゼ
2009年6月に渡星。
東京都北区赤羽で青春時代を過ごす。
生まれも育ちも赤羽の旦那と、赤羽で出会い結婚。
娘が生まれ、家族3人、シンガポールライフを満喫・・・してました。
2015年度のシンガポール7年目が終わり、2016年3月末に日本へ本帰国。

What's New!

Monthly Archives

Categories

Comments

Visitors

Links

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。