スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宴庭・Yan Ting@st.Regis

2015.05.03 09:00|食事
今年は、どーしたことか、5月だというのに、送別会シーズン到来!(号泣)
そんなこんなで、お友達との楽しく美味しい時間を過ごさせてもらってます。

っで、シンガポールを去る前に食べておきたいものの一つに、
皆様が必ず挙げるのが、美味しい飲茶!!
やっぱり、日本だと、今みたいに美味しい飲茶を、なかなか食べれないですもんねー。
っということで、今回は、こちらに行ってきました!!

DSC_2514.jpg

st.Regis内にある、チャイニーズレストラン、「宴庭 Yan Ting」 
★HPコチラから★

セントレジスと言えば、踊って飲めるハイティーとかが有名ですが、中華もあります。
しかも、私の情報通のお友達曰く、美味しくてオススメとのことで、一回行ってみたかったお店。
ホテルでの飲茶ランチと言えば、シェラトンの李白、リッツの夏苑、ラッフルズの皇朝、カールトンの華楽・・・
・・・なんかが行ってみて美味しかったですが、ここもそんな美味しいホテル飲茶に仲間入りした感じです!

DSC_2496.jpg DSC_2498.jpg

店内、カーテンで仕切られているお席なんかもあって、少人数でのランチも楽しめそうでした。
もちろん、大人数用の回転するテーブルもあります。

さて、早速飲茶を注文。
5人で行ったのですが、人数分だけ、1粒ずつ注文できます。

DSC_2499.jpg DSC_2501.jpg
DSC_2505.jpg DSC_2503.jpg
DSC_2502.jpg DSC_2512.jpg
DSC_2513.jpg DSC_2511.jpg

写真中ほどの、桶に1粒で入ってる大き目小籠包。1粒で$4するんですが、これがめちゃくちゃ美味しかった!
食べ応え十分。中のお汁も濃厚でした!
飲茶、どれもこれも美味しかったです。
最後の写真は、ポークのスライスとネギを炒めたもの。これは大皿料理ですが、これも美味しかった!

っで、みんなでスープも注文したんですが、一人用のスープだったんで、
それぞれに飲みたいスープを各々注文したんです・・・。
私が注文したのが、「Soup of the Day」だったんですが、
聞くところによると、今日は「海藻とポークのスープ」だと・・・。
ちょっとね・・・どんな感じになるのか、想像はできなかったんですが、
こんなに美味しい飲茶たちが次々と運ばれてくる、宴庭・・・。
海藻と豚肉が入ったスープだって、もう、そりゃ想像もできないほどの美味しさに違いないと、期待高めで待ってたんですけど・・・、

DSC_2506.jpg

私の目の前に突然、沼出現・・・・!!(爆)
もう・・・、一瞬テーブルのみんなが「・・・わぁ・・・・・・」って引いていくのを感じましたよね。
いや、その引きに私も連れて行って!私も引いてる・・・!怖い!いきなり沼だし!!!
でも、これが紛れもなく「本日のスープ」。海藻と豚肉のスープ!!

うーん、最近順調だったのに、久しぶりに注文やらかしちゃったなー・・・と、
沼に足・・・いやいや、スプーンを突っ込む前に、ひとしきり反省(笑)

DSC_2510.jpg

具はこんな感じ。
沼の底にある、藻と石じゃないですよ。海藻と豚肉です!!
非常に店員さんの説明に忠実なスープ。間違ってない!間違っちゃったの私だ!
っで、肝心のお味!
これが、負け惜しみでもなんでもなく、フツーに美味しかった(笑)
見た目よりもドロッとしておらず、サラサラなスープ。
後味もサラッとしてて、なかなか美味しかったです!

・・・でもね・・・。

DSC_2508.jpg

正解はコチラですよ↑↑↑ トラディショナルなコーンスープ。
お友達に一口頂きましたが、本当に本当にこれ、美味しかった!!
宴庭でスープをご注文される方は、本日のスープにご注意くださいね。
なんかヤダナーっと、稲川淳二氏にとりつかれたら、コーンスープをオーダーした方が良いですよ!

いやー、こんなハプニングもありつつの楽しい送別ランチとなりました。
飲茶は問題なく美味しいので、おススメです。
ご一緒してくださった皆様、この日はありがとうございました。

Comment

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Profile

アカバネーゼ

Author:アカバネーゼ
2009年6月に渡星。
東京都北区赤羽で青春時代を過ごす。
生まれも育ちも赤羽の旦那と、赤羽で出会い結婚。
娘が生まれ、家族3人、シンガポールライフを満喫・・・してました。
2015年度のシンガポール7年目が終わり、2016年3月末に日本へ本帰国。

What's New!

Monthly Archives

Categories

Comments

Visitors

Links

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。