スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店小二

2015.05.02 09:00|ローカルフード
久しぶりに、「結構長いことシンガポールに住んでるのに、行ったことないお店シリーズ」です!
第一弾、ジンジャーチキンでお馴染み、スープレストラン ★過去記事
第二弾、7色小籠包でお馴染み、パラダイスダイナスティー ★過去記事

っで、今回の第三弾は、日本人から見たら、ちょっとおかしな店名でお馴染み・・・

DSC_2577.jpg

店小二!! ★HPこちら★
英語表記だと「Dian Xiao Er」です。

店小二・・・・。
「小二」って言ったら、小学二年生以外、思い浮かぶものがないほどの小二感・・・。
まさか、店長が小二?いやいや、子ども店長は、CMの世界だけのはずでは!?
っと、ちょっとしたファンタジーをも思わせてくれる店名。ワタクシの壺にどストライクです。

そんな店小二に、我が家の小二の娘と、行ったわけですが、
娘が1歳からこの国に住んでるってのに、まーさーかーの小二になったこのタイミングでの初入店!
狙ってないっす。全く狙ってないんです!
小二になるまで待ってた・・・とかでは、決してなく、あくまで流れで・・・(笑)

さて、この店小二の名物と言えばコチラ!

DSC_2567.jpg

ローストダック!!
我が家が注文したのが、「Duck Roasted with Ten Wonder Herbs」というもの。
これがもう、サイコーに美味しかった!!!
ダックの皮もパリパリで、まるで北京ダックみたい!
そして、お肉も臭みなく、ジューシー!
で、なんと言っても美味しいのが、ダックが浸かってるタレ!!
このタレがバツグンに美味しかったんです。

っで、周りをキョロキョロすると、みんなお茶碗でご飯食べてるんです・・・。
でも、我が家・・・

DSC_2569.jpg

チャーハンを注文してしまったー・・・!
ここは、白いご飯が、マストオーダーと見ました!!
ダックのタレには、白いご飯の方が絶対合います。
・・・って、このチャーハンも、なかなか美味しかったんですけどね。

DSC_2571.jpg

あまり期待してなかった、酢豚。
これも、お肉の衣がまだサクサクしてて、非常に美味しかったです。
味付けも、甘酸っぱい感じが、小二娘にストライクのようでした。

DSC_2568.jpg

豆苗の炒め物。これは、可もなく不可もない感じ。

DSC_2572.jpg

エビにフロスかかってるお料理。エビがプリプリで美味しかったです!

っということで、初入店の店小二。
思ってた以上に美味しくて、大満足!
娘が小一の頃から行けばよかった・・・、いや、小三、小四になっても行きたい!と思えるお店でした。

Comment

No title

こんにちは♪

今回、PCに向かって声を出して笑ってしまった!!
店小二なかなか良いネーミングですね。
今夏には我が家の小二娘も連れて行ってみようかなぁ〜(笑)
にしても・・シンドルの勢い凄いですね

お〜〜

懐かしい〜〜!!!!!
ここのダック、美味しいですよね(≧∇≦)
バネさんが初来店とは意外です。
やはり娘さんが小二のタイミングで行く運命だったのですね……

しかし残念ながら私はこのお店を見た時、小学二年生を思い浮かべる事は全くなく、愛読書である水滸伝の登場人物の『阮小二』しか出てきませんでした……(笑)
マニアックですいません。
ちなみに阮小五も阮小七もいます……

No title

ローストダック美味しそうですね!!
私も小二の息子連れて行ってみたいです。
もう店小二でなく客小二ですね☆

けろサマ

店小二………。小二を持つ親としては、もう、行かずにはいられないお店ですよね!
シンガポールへお越しの際には、行ってみて下さいませ!美味しいですよ。

シンドルの勢い……凄いです。
貧乏性に拍車かかってます(笑)

リョウサマ

水滸伝の方にも、小二が居たとは!!
そして、小五と小七もいる………?ってことは、中学一年??(笑)って感じの、相変わらずの学年的発想ですみません(笑)

本当に、ここのダック美味しかったので、母の日にリクエストして連れてってもらいましたー。
リョウさんもお子様が、小二の暁には是非!!(笑)

麗サマ

相変わらず、ウマいこと言いますね!!
確かに、客小二ですねー♪
小二を持つ私達、このお店は見逃せませんよ!!
非公開コメント

| 2017.07 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Profile

アカバネーゼ

Author:アカバネーゼ
2009年6月に渡星。
東京都北区赤羽で青春時代を過ごす。
生まれも育ちも赤羽の旦那と、赤羽で出会い結婚。
娘が生まれ、家族3人、シンガポールライフを満喫・・・してました。
2015年度のシンガポール7年目が終わり、2016年3月末に日本へ本帰国。

What's New!

Monthly Archives

Categories

Comments

Visitors

Links

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。