スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナム籠バッグを編む

2015.07.21 21:00|手芸
ブログの更新が滞ってスミマセン・・・・・。
ちょっとバタバタしてまして、「これが終わらないと夏休みに入れないな」という瀬戸際の戦い・・・?でしょうか。
あっ、でも、無事に夏休み迎えられそうです。常夏だけど!!(←毎度お馴染み!)

---------------
さて、話は変わって・・・。
皆様の周りでも、この時期は本帰国のお友達、大勢いらっしゃると思います。
っで、「また先に帰ってしまう・・・(涙)」という、私の泣き言も、もう聞き飽きたと思います(笑)
いつまでも泣いてられないっすよ。
もうね、この際、ちょっと貪欲。ド・ン・ヨ・ク☆

そう、先に本帰国しちゃうのは仕方ない!
会社の都合、ご家庭の都合・・・諸々、私が駄々をこねてもどーにもならん。
だがしかーし、手先が器用系友人の皆様よ。
「その技術だけでも、シンガポールに置いてってよ大作戦」!!

そんなこんなで、第一弾。←あっ、続くか分かりませんが(笑)
本帰国されるお友達に、ベトナム籠バッグを習いました!!
お忙しいところ、貴重なお時間を頂き、本当にありがとうございました!

DSC_3071.jpg

先生の貴重な材料たち・・・。どれも可愛くて迷う!
お引っ越し荷物の梱包前に、ありがたく使わせて頂きました。

DSC_3075-1.jpg

使う色が決まったら、先生のご指導のもと、ベトナム籠の材料、PPバンドをカット!

DSC_3077.jpg

切った材料を、カッターマット台と洗濯ばさみを使って、うまいこと、イゲタで編んでいきます。

DSC_3078.jpg

どんどん編んでいくと、ワッシャー!ってなってきますが、気にせずどんどん編みます。
ワッシャー!に気を取られることなく、イゲタで編む・・・イゲタで編む・・・を呪文のように唱えながらやると、
ワッシャー!の森から、抜けれます・・・(笑)

DSC_3079.jpg

っで、ワッシャー!の森を抜けると、こんな感じでバッグの底の部分が完成。

DSC_3081.jpg

今度は、立体にしていきます。
バックの側面をイゲタになるように、バンドを通していきます。
先生曰く、「とにかく3段頑張って編め。そしたら落ち着く!」だそうです。
確かにそうでした。

っで、全てのバンドを通し終わったら、ギューンって引っ張って調節して、整えて・・・

DSC_3079-1.jpg

こんな感じで、バッグ本体が出来上がり☆
この段階で、もうなかなかの満足感。

DSC_3080-1.jpg

そして、持ち手も編む・・・と・・・。
これ、半分の太さに切った4本のPPバンドで編むんですが、これが一番難しかったです・・・(涙)
先生の「イゲタで編め・・・イゲタで編め・・・」を思い出し、なんとか終了・・・。

そして、完成品がコチラ!!

DSC_3090-1.jpg

持ち手つけて、余ったPPバンドでリボンもつけて、仕上げてみました!
あぁぁ、自分で編んだ籠バッグ、愛着わきます・・・♪
そして、何より、先生が本帰国される前に、出来上がったバッグをお披露目できて良かったです。
本当に、ありがとうございました。

はぁ・・・、こうやって教えて頂いたなら、次の作品を一緒に作ったり、いろんな編み方を教えてもらったり、
そうやって手芸仲間が生まれるってのが、本当の醍醐味なんですよね・・・。
技術は習得できても、手芸仲間が減ってしまうのは、本当に寂しいことですね・・・(涙)
あぁぁ、また湿っぽくなってきた!(←恒例)

っということで、自分で材料仕入れて頑張ります!!
このご恩、一生忘れないからー!!

Comment

バネさん♡めっちゃ素敵な籠バッグ!
周りに手先が器用な方が居ても、本人が器用でないとバネさんの様にはいかないわ〜。

日曜からシンガポールへ行きます♫バネさんとすれ違いかな?ジャパンは暑いですよ〜でも!香港はずば抜けて蒸し暑いです⤵︎

No title

突然のコメント失礼いたします。
籠バッグ、素敵すぎて固まってしまいました!
このバッグの作り方、ぜひ教えていただきたいのですが、、、そのような場を設けていただくのは無理でしょうか?^^;
配色といいリボンといい、全てがツボで思わずコメントしてしまいました。

けろサマ

けろさん、コメントありがとうございます。
籠バッグ、初めて編んだんですが、なかなかハマりそうです。

日本も香港も暑いですか・・・。
シンガポールも暑いですが、まだマシなのかな??
楽しんでくださいね!

モコサマ

モコさん、コメント頂き、ありがとうございます。
いえいえいえ、私なんてまだまだひよっこでございます。
それよりなにより、材料がないのです・・・。
もう少し、自分なりに勉強しようとも思っています。スミマセン。
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Profile

アカバネーゼ

Author:アカバネーゼ
2009年6月に渡星。
東京都北区赤羽で青春時代を過ごす。
生まれも育ちも赤羽の旦那と、赤羽で出会い結婚。
娘が生まれ、家族3人、シンガポールライフを満喫・・・してました。
2015年度のシンガポール7年目が終わり、2016年3月末に日本へ本帰国。

What's New!

Monthly Archives

Categories

Comments

Visitors

Links

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。