スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チンホア銀座店

2015.09.15 08:00|一時帰国
昨日、サラッと雨が降ったのに、ちっともモヤモヤ晴れないじゃないかー!
もう、ヘイズのバカバカー。イクジナシ!(←byハイジ)
っと、そんな気分が上がらない日は、
日本での楽しかった日々を思い出し、そっと瞳を閉じてみる。愛してるとつぶやいて・・・・。なーんつって。

っということで、突然の一時帰国記事。
いやはや、一時帰国中は、主に赤羽で過ごすのみなんですが、
今回は、福井、韓国にも足を延ばし、そして、銀座にもお出かけしてみました。

DSC_3385_20150906210440e7c.jpg

和光。まさに銀座の象徴ですよねー。

さてさて、銀座では、シンガポールで初めてできたママ友と言っても過言ではない、
もう、6年来?7年来?のお友達との待ち合わせ。
久しぶりの再会を果たし、ランチを食べに向かったのがコチラ!

DSC_3372.jpg

チンホア・銀座店!! ☆HPこちらから
一時帰国なのに、シンガポールのお店によく行くよねー・・・っとお思いの皆様。
・・・えぇぇ、おっしゃる通りです(笑)
お友達ですら、「えっ、チンホア?もっと他に食べたいものでいいよ?えっ、なんで?」的な感じだったんですけど、
ここはね、ワタクシ、自他ともに認める「チンホア・ラバー」ですから、
いろんなチンホアをコンプリートしたい訳ですよ!

それに、もう3週間ほど、シンガポール離れてて、
福井のソースカツ丼やら、韓国のプルコギやら、赤羽のお好み焼やら・・・、いろいろ美味しいのですが、
そろそろチンホアも食べたくなってきたぞ!っていう。
「あれ?本帰国したらこんな感じ?昔の味を懐かしく思っちゃう日も来るかな?」
っていう、『あこがれの本帰国』を疑似体験してみたかったんです!!
本当に、くだらなくてスミマセン(笑)

っということで、チンホア・銀座店はこんな感じでした。

DSC_3376.jpg

店内、非常にシンプル、かつ、マーライオン。

DSC_3381.jpg

チンホアと言えば、お馴染み。
餡が見えちゃってるのにジューシーな餃子。だけど、一皿の数は少なめ・・・。

DSC_3380.jpg

小籠包は、やはりシンガポールの方が断然美味しかったです。
日本のは、ちょいと皮が厚めだったかな?
でも、悪くないです。美味しかったです。

DSC_3378.jpg

こちらは、ジャージャー麺。
ジャージャー麺は、量が多かった!!
大き目のラーメンどんぶりで登場したので、さすがにちょっとビックリ。

DSC_3377.jpg

ほうれん草のオイスターソース炒め。
これも定番ですが、量は少なめ。味もちょい薄め。

DSC_3379.jpg

酸辣湯のスープのみ。これ300円だった気がする。
お友達とシェアして頂きました。美味しかった。

っで、あれこれ食べて、ランチ代一人、1,500円!
シンガポールドルだったら、$16くらい!?
ん?シンガポールで食事するよりも安い?銀座なのに??
なんだか、シンガポールの物価高をこんなところで感じてしまって、恐ろしくなりました・・・。

DSC_3383.jpg

レジのそばには、マーライオンの写真も飾ってあります☆

っということで、チンホア・コンプリート作戦。
残すは、つくば店、白馬店、そしてイタリア店!!!(爆)
って、いやいやいやいや、さすがに、イタリア行っても、チンホアには行かんでしょ・・・(笑)
っていうより、なぜイタリア店なんだろう???チンホアって凄いなー(笑)
チンホア全体のHPコチラから。イタリア店についても書かれてます

ちなみに、銀座店にも「シンガポールで一番美味しい餃子の店」とか、書いておいて欲しかったな。
チャイナタウン店で、一番最初にあれを読んだ時の、あの衝撃を!!
・・・銀座の皆様にもお伝えしたいという、無駄な願望(笑)

場所は、竹葉亭の裏側辺りにありますので、気になる方、本帰国された方、行ってみて下さい。
銀座ランチに、なかなかオススメです☆

Comment

No title

チンホアが銀座にもあるなんて初めて知りましたー!
今年1番のびっくりです。
素敵な情報ありがとうございます!!

麗サマ

そうなんです。チンホアは銀座にもあるんです。
でも、イタリアにもあるとです・・・。チンホアがです・・・。ヒロシです・・・。
もう、チンホアの事が気になって、眠れません(嘘)
非公開コメント

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Profile

アカバネーゼ

Author:アカバネーゼ
2009年6月に渡星。
東京都北区赤羽で青春時代を過ごす。
生まれも育ちも赤羽の旦那と、赤羽で出会い結婚。
娘が生まれ、家族3人、シンガポールライフを満喫・・・してました。
2015年度のシンガポール7年目が終わり、2016年3月末に日本へ本帰国。

What's New!

Monthly Archives

Categories

Comments

Visitors

Links

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。