スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SG50記念切手もゲット

2015.12.22 10:00|SG50
SG50の記念紙幣をゲットした記事にて、
こういう記念モノの収集グセについて、書いたばかりですが、
SG50の記念切手も発売されてまして
えぇ・・・もれなくゲットしましたよね・・・(小声)

私がゲットしたのはこの2種類

P1030772.jpg

厚手の台紙に切手が入っている、「Celebrating Singapore 2015 SG50」のモノと、
三つ折りの台紙に入っている、毎年、建国記念日の8月9日間近にならないと発売されない、記念切手モノ。

P1030777-1.jpg

まずは、厚手の台紙に入ってる方から。
中を開くとこんな感じになってます。
っで、これ、ガーデンバイザベイで購入。郵便局ではなく・・・。
もちろん、郵便局でも扱ってましたが、GBTBの方が、中をじっくり見れたので、そこで買ってみました。
っで、切手の絵柄は、SG50おめでとうな感じと、建国50周年までの歩み的な感じに。

SG50記念切手、何かは欲しいと思っていたので、これに出会えて、買えてよかったーっと思っていたのですが、
お友達から、「建国記念日間近になると発売される記念切手って、今年はSG50だから買いたくて・・・」
という、話題が持ち上がる・・・。
そういえば、昨年49周年の記念切手も売ってたなー・・・・なんてぼんやり思い出す。
そんなこんなで、郵便局に行ったときに、「SG50の記念切手は、いつ発売になるのか?」と窓口のおばちゃんに聞くも、
「8月に入ってからだよ!」という返事のみ・・・。

ネットでもシンガポールの記念切手は買えるので、ちょいちょいチェックしていたのですが、
一向に発売される日程情報が出る様子ナシ・・・。
こうなってくると、俄然欲しくなるのが、収集魂(笑)

そんなヤキモキしていた8月の初め。
荷物の受け取りの為に、たまたま郵便局に行ったのですが、
私の前の番号のサラリーマンさんが、窓口のおばちゃんから記念切手買ってる??
ん??SG50のヤツ???
・・・っと、そーとーな前のめりで、ガン見(笑)
っで、やっぱりそれ、欲しいと思っていた例の記念切手だったんで、
自分の番号が回ってきたら、荷物の受け取りの事よりも、
記念切手下さい!!!ってなりますよねー(笑)

っということで、ゲットできた記念切手がコチラ↓

P1030774-1.jpg

ゴールド!!
金色の切手・・・。これ、額面$5です。
こんなん貼られて、手紙届いたら、びっくりしますよね・・・(笑)

P1030775-1.jpg P1030776-1.jpg

そして、こちらも、$10記念紙幣の裏面の絵柄同様、教育、文化、スポーツ、シンガポールの発展など、
将来、未来に向かっての「One Singapore」の感じになってます。

この記念切手、8月5日の発売だったようなんですが、
今、過去を振り返ってみて、この切手について教えてくれたお友達に、「記念切手出てたよ!買ったよ!」のLineしたの、
8月5日の発売日その日でした・・・。

お友達は、翌日郵便局行ったけどなかったらしく、もう売り切れだったとのこと。
私、念のため、2セット買ってたので、1セットはお友達に。
これは、本当に運よく、タイミングもよく、ラッキーだったんだなー・・っと。
こんだけSG50で騒ぎまくったから、SG50の神が見てたのかなー・・・ありがたやー・・・なんて思いました。

っということで、これでSG50関連の記事は、以上です!!!
年末に来て、サザエさんもビックリな3本立てでスミマセンでした・・・。
じゃんけんポン!ウフフ。

・・・あっ、今年中に、火鍋2本立ても行きます!!行きますよ!!多分!!!

Comment

非公開コメント

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Profile

アカバネーゼ

Author:アカバネーゼ
2009年6月に渡星。
東京都北区赤羽で青春時代を過ごす。
生まれも育ちも赤羽の旦那と、赤羽で出会い結婚。
娘が生まれ、家族3人、シンガポールライフを満喫・・・してました。
2015年度のシンガポール7年目が終わり、2016年3月末に日本へ本帰国。

What's New!

Monthly Archives

Categories

Comments

Visitors

Links

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。