スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hai Di Lao IMM店!

2015.12.27 10:00|火鍋・鍋物
2015年の終わりも迫ってきてる中で、火鍋記事2本目!イキマス!

過去に何度もこのブログで取り上げてきた、火鍋屋さん。
Hai Di Lao!
そのハイディーちゃんが、クラークキー店、サマセット店に続いて、3店舗目をオープンさせました。

DSC_4184-1.jpg

ジュロンにあるショッピングセンター、IMM店!!

っで、写真でもお察し頂ける通り、こちらの店舗、間口小さめ・・・。
クラークキー店は、リフトで上がってすぐの2階のフロアをドドーンと使っている広い店舗。
サマセット店も、元々大きなHMVだったところを改装して、ハイディーちゃんが入ったので、広い。
でもね。IMM店。
お店の前で入店を待つスペースすらなく、椅子も5~6個置いてあるだけで、店頭で待ってる家族も1家族のみ・・・。
・・・なんですが。

DSC_4180.jpg

入口カウンターには、ハイディー恒例の「席がないから、これ食べて待っててね」のお菓子が所狭しと並べられてる!
おぉぉ、待たされる可能性も、そりゃあるんだな・・・・っと(笑)
で、我が家。
この日は予約なしで、でも早めの時間にお店行って、Qナンバーだけもらって、席が空いたら連絡もらう方法で行こうと。
IMMは、このショッピングセンター自体が、アウトレットモールになっているので、お買い物も楽しいところなので。
・・・っていう、気持ちでいたのに。
「はい、お席ご案内しまーす!」
・・・って、ハイディーさんなのに、まーさーかーの予約なし、待ち時間なしで入店・・・(笑)
本当に、お腹空いててなるべく早く入りたい時には、ものすっごい待つのに、
ちょっとお買い物楽しんでからでいいよね、みたいな気分の時に限って、すぐに入れちゃう・・・!!
でも、このタイミングでありがたく席にご案内頂きました。

さて、メニューは3店舗とも、変わりはないのですが、特筆すべきはコレ↓

DSC_4165-1.jpg

店内もめっちゃ狭い!(爆)
この狭さ、カンフーヌードルのお兄さん、そーとーしんどいだろうなー・・・と、心中お察ししたいレベル・・・。
っで、ご注文した家族と、麺伸ばしのパフォーマンスの近いことこの上なし・・・でした。

そして今回は、久し振りにHai Di Laoに行ったので、以前からやろうと思っていた、
バネ家の火鍋タレのレシピをご紹介したいと思います。
火鍋は、食材を煮るスープにも味がありますが、
それをつけて食べる「つけダレ」が美味しくないと、台無しになってしまうことがあります。
今回、ご紹介するつけダレは、あくまで個人的に美味しいと思っているものです。
ただ、火鍋を初めて食べるお友達と行くときに、このタレの作り方をお教えすると、グルメなお友達も美味しいと言ってくれます。
もし、ご興味があれば試して下さったら嬉しいですし、いつもと違う味でと言う方も、ご参考になれば嬉しいです。

DSC_4167.jpg

こちら、たれコーナー。
タレを作るお茶碗は、大小二種類あると思いますが、思い切って、大の方を手に取って下さい。
大のお茶碗の分量で記載します。

DSC_4168.jpg

まず、セサミペースト。要は、ゴマダレをお玉で約3杯入れます。
これ、ゴマダレですが、若干ピーナツペーストも入ってます。甘いです。

DSC_4169.jpg

そして、Soya Sauceを少量。結構塩辛いので、少しで大丈夫です。
しょっぱさが足りなければ、Soya Sauceで調節してください。
同じ色味で、ビネガー(お酢)もあるので、間違えないようにしてください。

DSC_4170.jpg

パクチーとネギ、お好みで。セロリもあります。(私は苦手なので入れてません)

DSC_4171.jpg

ピーナッツの砕いたの。これもお好みで。

DSC_4172.jpg

ガーリック。これもお好みですが、苦手でしたり、臭いが気になる場合は、なくても大丈夫です。

DSC_4173.jpg

ごま油。これは入れてください。風味増します。

DSC_4174.jpg

菌王醤。マッシュルームソース。これは、上に溜まっている油のところではなく、
下に沈んでる、具のところを少量入れてください。

そして、白ごまもあるのですが(写真撮り忘れ)これも、お好みで入れてください。

以上を全部入れると、こんな感じです。

DSC_4177.jpg

そして、食べるときに、お箸でグルグルと混ぜて、お肉やお野菜を付けて食べます。
パクチー、ネギ、ガーリック、などが多目だと、サラッとしたタレよりも具の多い感じのタレになって、
お肉でタレを巻いたりしながら食べるのがおススメです。お豆腐に乗っけても美味しいです。

ハイディー以外の火鍋屋さんでも、たれコーナーがこんな感じのラインナップでしたら、
同じように、タレを混ぜてみて下さい。だいたい美味しく作れると思います。
でも、ここのたれコーナーが一番美味しいかな・・・?(笑)

ぜひぜひ、忘年会、新年会、送別会、歓迎会などなど・・・、火鍋を食べるときに、お試しください!!

Comment

タレにスポットを当てるとは……火鍋女王様、さすがですな。
感嘆を通り越して憎ささえ出てきました(笑)
は〜、このタレにつけて食べたいよ〜。
タレだけなら再現出来ますね。
でも、再現してどうすんだ?
お雑煮の餅にでもつけるのか?

バネさん、やはり日本に帰国となった暁にはこの火鍋店を日本に広めるお仕事をして下さい。
まずは大阪によろしく!

リョウサマ

今年も1年お世話になり、ありがとうございました!
火鍋の記事………やはり師走のお忙しい最中でも、リョウさんならコメントくださると思ってました(笑)
嬉しいです。

タレだけなら日本でも再現できるかなー!
あの独特なゴマダレが難しそうで……。

来年もよろしくお願いします。
よいお年を!
非公開コメント

| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Profile

アカバネーゼ

Author:アカバネーゼ
2009年6月に渡星。
東京都北区赤羽で青春時代を過ごす。
生まれも育ちも赤羽の旦那と、赤羽で出会い結婚。
娘が生まれ、家族3人、シンガポールライフを満喫・・・してました。
2015年度のシンガポール7年目が終わり、2016年3月末に日本へ本帰国。

What's New!

Monthly Archives

Categories

Comments

Visitors

Links

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。