スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LONG CHIM

2016.02.24 12:00|食事
お久し振りのお友達とのランチ会。
クラスが変わっても、学校が変わっても、
こうして仲良くしてくださることが、本当に嬉しいです。
ありがとうございます。

さて、この日に行ったのが、
マリーナベイサンズのショッピングモールの方にある、
LONG CHIM
タイ料理のお店です。

DSC_2780.jpg

店内はこんな感じで、とってもオシャレ。
タイ料理って言ったら、ゴールデン・マイル・コンプレックスのホーカーなんかでしか食べたことがないので、
キレイすぎて、なんか緊張。

DSC_2786.jpg

でも、店内には、タイの屋台なかも置いてあったり・・・。

DSC_2788.jpg

入口のモザイクタイルも、きれいで思わず写真を1枚。

DSC_2789.jpg

それもそのはず。
~以下マリーナベイサンズのHPから抜粋~
バンコクにオープンしたレストランが最近、
サンペレグリノの「アジアのベストレストラン50」で2015年度第7位、
「世界のベストレストラン50」で2014年度第13位を獲得した
シェフ、デビッド・トムソンが、Long Chimでカジュアルダイニングに初挑戦します。

・・・だそうです。

これは、ますます期待できますぞ!と、高鳴る胸を躍らせて、早速注文!!
っで、ランチセットから、2コースのセット(前菜とメイン)にして、
それが、4種類あったので、とりあえず全部注文(笑)
メンバーみんなでシェアしながら食べることに。

DSC_2796.jpg DSC_2799.jpg

DSC_2801.jpg

写真、左上のChives Cakeが甘辛い味付けで美味しかったです。
写真、右上のFish Cakeは、かなり辛い味付けでした。
下の写真、のポークとビーフのサテも、美味しかったです。私は、ビーフの方が好みでした。

そして、お待ちかねのカレーも4種類登場!!

DSC_2806.jpg

写真上から、エビカレー。これが一番辛かった!でも、すっごい美味しかった!!
時計逆回りに、左のカレーは、グリーンカレー。
こちらのグリーンカレーは、コクがあるマイルドな味と言うよりも、かなりスパイシーな味付けでした。
下のカレーが、チキンとジンジャーのカレー。
右のカレーが、トマトとポークのカレー。
この二つは、そんなに辛くなくて、ジンジャーのピリッとした辛み、トマトのうま味、
それぞれ感じられて、美味しかったです。

っで、そんなカレーをですね・・・・。

DSC_2803.jpg

麺と野菜と一緒に食べる・・・っと。
フニャッとした米麺と半熟のゆで卵・・・。
うんうん、カレーを乗っけるのは、ご飯だけではないのですね。
確かに、グリーンカレーペースト買った時に、
袋の裏にヌードルにも合うよ!って書いてあった、うんうん・・・。

じゃなくて!!!
友人全員から、盛大にツッコミがあったのは、こっち↓↓

DSC_2807.jpg

ザルに入ってる、野菜!!
しかも、ほぼ、生野菜!!(笑)
マリーナベイサンズなのに、ザル!!
ベストレストランに選ばれてても、ザル!!
・・・しかも、これ、一人一ザル付いてきます。

もう、どんなにオシャレして着飾って、マリーナベイサンズでご飯食べてても、
所詮、主婦ですからね・・・ザル持った瞬間、主婦感が全開になっちゃう!
もう、公開処刑!ヤメテー!
でも、もっと切なかったのが、フツーにビジネスランチしている、
パリッとした欧米人サラリーマンのテーブルにもザルがあって・・・。
もうそこには、違和感しかなかったですよね・・・。
逆に、主婦感持ってて救われたくらいの勢い・・・。

っということで、大いにザルで盛り上がり、楽しいランチとなりました。
あっ、ザルは出てきますが、なかなか美味しかったです。おススメです。

DSC_2798.jpg

こちら、ランチのメニューと金額。(拡大してご覧いただけます。)
やっぱり、ちょいとお高め。
ザル出てきても、ベイサンズ価格です。(←しつこいほどのザルいじり(笑))

お店の情報はこちらから
マリーナ・ベイ・サンズのHP内の紹介はこちらから
LONG CHIMのHPはこちらから
オンラインから予約もできます。
お店の場所が、ちょいと分かりにくいところにあるので、行かれる方は、よくよくご確認下さいませ。

Comment

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Profile

アカバネーゼ

Author:アカバネーゼ
2009年6月に渡星。
東京都北区赤羽で青春時代を過ごす。
生まれも育ちも赤羽の旦那と、赤羽で出会い結婚。
娘が生まれ、家族3人、シンガポールライフを満喫・・・してました。
2015年度のシンガポール7年目が終わり、2016年3月末に日本へ本帰国。

What's New!

Monthly Archives

Categories

Comments

Visitors

Links

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。