スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しくなった「茜」で送別会

2016.03.08 09:00|婦人部日記
先日は、婦人部の仲間からも、送り出して頂きました。
そんな、送別会の会場にと選んだのがコチラ↓

DSC_2927_201603052202512ab.jpg

日本人会 「茜」・・・
婦人部の活動、引き継ぎも終わって、
もう日本人会に来る頻度も減ってきたこのタイミングで、
またしても、婦人部員を日本人会に集合させるという、ドSぶりが全開(笑)

いやいや、このメンバーで盛り上がるなら、日本人会が一番!
カラオケ?とも思ったんですが、却下されたし・・・(笑)

さて、そんな茜ですが、最近までリノベしてて、ずっと行けなかったんです・・・。
で、新しくなったのは、店内のレイアウトだけでなく、
茜のオーナーシェフも、シンガポールで食べれる本格懐石料理のお店、
「懐石 後藤」でお馴染みの、後藤シェフに。

「茜」という名前ですが、もはやここは「後藤」と言っても過言ではないのでは!!と、胸アツだった私。
これは帰国前に、是非、1度食べておきたいと、
日本に帰るから、和食は遠慮してたのに、あーえーてーの茜!!
・・・だったわけです。

さて、頂いたお料理がこちら。
ランチの天ぷらコース。
メニューに「(カウンター席)」と書かれていたのですが、お座敷の席でも大丈夫でした。
こちらのコース、ランチですと$36ですが、ディナーですと$80・・・?(日本人会HP見ると・・・)
そう考えると、もの凄くお得に感じてしまう!!

DSC_2930_20160305220252bc0.jpg

まずは、小鉢からスタート。
この日は、3月3日のひな祭りの日だったのですが、
菜の花のおひたしが、季節を感じられて、嬉しかったです。
シンガポールに居ながら、お料理で季節を感じられるなんて!!至福!!

DSC_2931_20160305220253bc4.jpg

天ぷらは、6品出てきます。まずは、エビから。

DSC_2937_20160305220254678.jpg

アスパラガス、カボチャ

DSC_2939.jpg

茄子、鱚、サツマイモ

DSC_2941.jpg

〆には、かき揚げが出てくるのですが、
そのかき揚げを、どんぶりで頂くか、冷製のお蕎麦で頂くか、選べます。私はお蕎麦で♪
サクサクで、本当に美味しかったです!!

DSC_2943.jpg

最後は、デザートも。
ごちそうさまでした。

さて、送別会といえば、寄せ書き・・・!
私も、頂く側になったんだなーっと、なかなか本帰国することに実感が沸かないのですが、
寄せ書き頂いて、皆様のメッセージ読んでると、沸々としてきて、寂しくなるというか・・・。

そんな寄せ書き。
婦人部メンバー、こんなの作ってくれました↓

1456983403101-1.jpg 1456983406100-1.jpg

第四回の無料講習会で制作した、リバティ布で作る、カルトナージュとスクラップブッキングのアルバム!!
これに寄せ書きしてくれたんですが、無料講習会での部長のご挨拶恒例、
「バネを漢字1文字で例えるアレ」を、部員全員がやってくれたんです。
これには、ちょっと感動・・・(涙)
って、読みふけってたら、講習会で写真やメッセージを貼る場所としてお伝えした場所以外(内側とか)にも、
めっちゃいろいろ貼り付けてあって、逆に面白くなってきちゃって・・・。
最終的に、全く泣けませんでしたが・・・(笑)
いやいや、一生大事にします!!宝物です!

--------------------------------------------
さて、婦人部日記。
長々と、最終的には「婦人部そんなに関係ないじゃん・・・」って記事になってきましたが、
いよいよ、これにて終了します。
バザー前から突然始まり、お付き合い頂き、ありがとうございました。

日本人会婦人部の活動は、来年度の新しい方がもう動き出しており、
来年度も素敵な講習会になりそうですよ☆
皆様、引き続き、ふるってご参加くださいますよう、お願い申し上げます。

また、この場を借りて、今年度1年間、お世話になりました婦人部員の皆様に、感謝申し上げます。
皆様のおかげで、最高に楽しい1年間を過ごすことが出来ました。
シンガポール最後の年に、ステキな思い出が出来ました。
本当に、本当に、ありがとうございました。

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Profile

アカバネーゼ

Author:アカバネーゼ
2009年6月に渡星。
東京都北区赤羽で青春時代を過ごす。
生まれも育ちも赤羽の旦那と、赤羽で出会い結婚。
娘が生まれ、家族3人、シンガポールライフを満喫・・・してました。
2015年度のシンガポール7年目が終わり、2016年3月末に日本へ本帰国。

What's New!

Monthly Archives

Categories

Comments

Visitors

Links

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。