スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の主治医

2010.07.19 10:20|おもしろ
入院中、私を担当してくれたローカルの医師、Dr.リム(林)。

とても優しい先生で、知識・技術も大変高度なものを感じ、とっても安心でき、この先生のおかげで、1日だけの入院で快復できたと、ありがたく思っています。

・・・が、ちょっと面白い(笑)

自分のことを「I'm~」ではなく「Dr.リム~」と、自分のことを名前で呼ぶんです。
自分で自分のことを名前で呼ぶのは、コギャルだけだと思っていた私。
いましたよ、意外にもシンガポールの病院に。

しかも、パパの通訳によると・・・
「Dr.リムが、君の為に薬を処方してあげるよ!」
「Dr.リムがいるから大丈夫!」

・・・っと、言ってるらしい。本当にマジで(笑)

そんなDr.リム。
意外とハンサムで、私的には、橋幸夫の若い頃に似ていると思ってます。
・・・っで、検索。

hasi4[1]

↑パパも私も、満場一致で、これそっくりです。

また胃腸の病気になったら、間違いなくDr.リムにお世話になることでしょう。
ありがとう、Dr.リム!!

Comment

まさにシンガポールにいそう!な、お顔立ちよね。

mayuサマ

この記事にコメントくれるの待ってたよ。
あんがと(笑)

そうなのよ、Dr.リムは、橋幸夫の若い頃に似ててさ。
それを、母や旦那に伝えても、思うように分かってもらえずだったんだけど、この写真で納得してもらえましたよ。
本当、よくいそうなお顔立ちなのよね。
でも、橋幸夫なのよぉ・・・(笑)
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Profile

アカバネーゼ

Author:アカバネーゼ
2009年6月に渡星。
東京都北区赤羽で青春時代を過ごす。
生まれも育ちも赤羽の旦那と、赤羽で出会い結婚。
娘が生まれ、家族3人、シンガポールライフを満喫・・・してました。
2015年度のシンガポール7年目が終わり、2016年3月末に日本へ本帰国。

What's New!

Monthly Archives

Categories

Comments

Visitors

Links

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。