スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らーめんチャンピオン

2011.07.02 13:55|食事
昨日、ブギスにある「Iluma」の中にオープンした、らーめんチャンピオンに、らーめん大好き旦那さんと娘さんと、行ってきました!!

DSC00515.jpg

二郎系、東京の「バリ男」
富山ブラック、「麺家いろは」
札幌らーめん、「がんてつ」
博多、「一幸舎」
東京、つけめん「TETSU」

DSC00528.jpg

そして、我が家が愛して止まない・・・
東京東池袋から、もりそばの老舗「大勝軒」!!

DSC00517.jpg

はぅー、ようやくシンガポールにも来てくれました!!
待ってましたよ、大勝軒さん・・・(涙)

昨年のエイプリルフール、私が主人に「シンガポールに大勝軒が来るらしいよ!」と嘘をついたのですが、主人は、まんまと騙されてしまい、しかも嘘だとカミングアウトしても、特に怒りもせず、逆に大勝軒が来ないことに落ち込んでしまったんですよね・・・。
その節は、ごめんね、パパ・・・。
(エイプリルフールの詳しいいきさつは、こちらをご覧下さい。)

っで、念願叶っての、シンガポールでの大勝軒。
早速、大いに味わって参りました!!

DSC00523.jpg DSC00524.jpg

左:中華そば 右:もりそば
量が少なめの為か、価格設定もお安くなってます。

このシンガポール店の開店に合わせて、東池袋大勝軒の山岸氏の一番弟子、飯野氏も来星し、厨房にいらっしゃいましたよ!!
もう、すっごい美味しかったです。
あっという間に、食べちゃいました。

らーめんチャンピオンは、Ilumaの4階、つぼ八の横にあります。
午前11時30分から午後10時30分まで
お会計のシステムは、カード方式で、入り口で受け取ったカードを、食べたいラーメン屋さんにもって行き、注文します。
らーめんチャンピオンのブースを出るときに、レジがあるので、各ラーメン屋で注文したものを、一緒に精算できるシステムです。
ですので、ご家族やご友人と行かれたら、みんなで別々のお店のらーめんを味わうことも可能です。
らーめんばっかり集まった、フードコートと言ったところです

らーめんチャンピオン内には、こんな記念写真が撮れるパネルが!

DSC00522.jpg

大勝軒さんの他にも、まだまだシンガポール初出店の名店が軒を揃えているので、また行きたいと思います!!

Comment

さすが!初日に行かれたんですね(笑)
写真をみるからには混んでないかな?
カードでまとめて支払えるんですね~フムフム。
我が家もぜひ行ってみたいです!
細麺好きなので、やっぱり博多ラーメンかな~。

tokatommyサマ

正しくは、初日の翌日です・・・。あは。
金曜日オープンだったので、初めて迎える週末に、開店と同時に行ってみた・・・って感じです(笑)

そんでもって、らーめん好きからしたら、もったいないくらい、空いてました(涙)
こんなに、有名店が集まっているのに!!
tokatommy家の皆様も行かれてくださいませ。
システムは、記事の通りです。カードなので、簡単ですよ。

博多ラーメンも美味しいですよねー。
一風堂も美味しいですもんねー。

おめでとう!

なんと!とうとうシンガポールに大勝軒がぁ!
ご主人様がどんなに喜ばれているか(涙)
本当に良かったですね。
「大勝軒出来たら永住してもいい」と仰ってたと
伺ったような・・うふふ♪アリですか?

ちなみに、もうブギスってどこにあるのかも
忘れました(笑)またいつか行きたいです。

Tamyサマ

お祝いのお言葉、ありがとうございます(笑)
そうなんです!ついに大勝軒がシンガポールに来ました!!
主人、大喜びです。行った翌日も行こうと言われ、さすがに断わりました(笑)
永住は・・・しないと思います。
いざ、できたらこんなもんです。

Tamyさん、ブギス好きでしたよね!?
果物買いに行ったり、オーラ占ったりしてたじゃないですかー!!
また、いつか来てください。

ありがとうございます

これからも、頑張って美味しいと言われる様に、頑張ります。

ハシケンサマ

コメントありがとうございます。
ハシケンさんは、大勝軒の方でしょうか??

記事の通り、大勝軒さんが、シンガポールに来てくださるのを、心待ちにしておりました。
これからも、美味しいラーメン、よろしくお願いします。
また、食べに行きます。
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Profile

アカバネーゼ

Author:アカバネーゼ
2009年6月に渡星。
東京都北区赤羽で青春時代を過ごす。
生まれも育ちも赤羽の旦那と、赤羽で出会い結婚。
娘が生まれ、家族3人、シンガポールライフを満喫・・・してました。
2015年度のシンガポール7年目が終わり、2016年3月末に日本へ本帰国。

What's New!

Monthly Archives

Categories

Comments

Visitors

Links

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。