スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア文明博物館

2011.07.14 23:07|観光
アジア文明博物館に行ってきました。
ここの博物館、アジア各地のいろんなスバラシイものが、常設で展示されています。
でも、今回は特別展示の「兵馬俑と始皇帝の遺産展」メインで、見に行きました。

DSC00680.jpg

さて、兵馬俑・・・。
ぶっちゃけ、私、ちゃんと分かってません。っということで・・・

------Let's Study!兵馬俑とは?------
本来は古代中国で死者を埋葬する際に副葬された俑のうち、兵士及び馬をかたどったものを指す。
現在は、秦の始皇帝の陵墓の周辺に埋納されたもののみをさすことが多い

DSC00684.jpg

発見されたのは、1974年。意外と最近。
畑を営んでいた住人が井戸を掘ろうとして偶然見つけたのがきっかけ。
これらの兵士の俑にはどれ一つとして同じ顔をしたものはない
また、秦の軍隊がさまざまな民族の混成部隊であったこと、及びかつての秦の敵国が存在した東方を向いて置かれていたことなど、発掘され調査が行われると、人々を驚かせるような事実が次々に明らかとなった。
1987年、世界遺産(文化遺産)に登録されている
------------------------
兵馬俑は、1974年に発見されている為、私達は、教科書に載っていたり、いなかったりで、ちょうどその境目の世代だったようです。
私は、教科書に載っていたような気がするのですが、うーん、中国史に弱いんですよね・・・。
なので、この機会に兵馬俑がなんなのか、ちょっと分かって、納得♪こういう機会、大事ですね!

さて、展示の方は、こんな感じ↓

DSC00685.jpg DSC00686.jpg
DSC00687.jpg DSC00688.jpg
DSC00691.jpg DSC00692.jpg

等身大のような大きな俑もあったなんて知りませんでした
もっと小さいものだと思ってたから、ビックリ!
もちろん、小さいものもありましたが・・・。

っで、顔が一つ一つ違うと言うことで、お顔、表情も注意深く見てきました。

DSC00693.jpg DSC00695.jpg
DSC00696.jpg DSC00697.jpg

最後の写真、ちょっと朝青龍に似てる・・・。
モンゴル系の人も、秦の始皇帝の軍隊にいたんでしょうかね?
始皇帝の力、すごかったんでしょうねー。

さて、兵馬俑展、意外とすぐに見終わっちゃいます(笑)
その後、3階に上がったら、インドネシアの住居発見。

DSC00700-1.jpg

体験展示だったので、上がりこんで、勝手におもてなししてみました(笑)
同じく3階にある、西アジア・イスラムにブースにも、パオみたいな住居が体験展示で置いてあったので、一緒に行った友人と写真を撮ったりしました。

アジア文明博物館には、巨大な中国風の人形みたいな、ちょっと怖い展示物もあるのですが、一緒に行った友人全員が、最も恐怖に陥ったのはコレ↓

DSC00707.jpg

館内のエレベーター・・・(号泣)
このエレベーター、キシキシ、キュッキュッっと、音を立て、たった3回から1階に降りるだけなのに、約1分かかります・・・
この1分、超怖いです。そして、エレベーターの中、臭いです。

アジア文明博物館、なんだかんだ楽しかったです。
今度は、日本語のガイド付きで、常設展を見学したいです。

Comment

非公開コメント

| 2017.07 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Profile

アカバネーゼ

Author:アカバネーゼ
2009年6月に渡星。
東京都北区赤羽で青春時代を過ごす。
生まれも育ちも赤羽の旦那と、赤羽で出会い結婚。
娘が生まれ、家族3人、シンガポールライフを満喫・・・してました。
2015年度のシンガポール7年目が終わり、2016年3月末に日本へ本帰国。

What's New!

Monthly Archives

Categories

Comments

Visitors

Links

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。