スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポール・フライヤーから花火!

2011.07.30 21:01|観光
ついに、シンガポール・フライヤーに乗ってきました!!

DSC00836.jpg

コレが↑シンガポール・フライヤーです。
世界最大級の観覧車。あの黒川紀章氏による、設計です。
2008年3月に開業しました。

DSC00796.jpg

まずは、1階に数箇所ある、チケット売り場で、チケットを購入します。
大人、$29.5。3歳から12歳、$20.65。3歳未満は、無料です。
チケットを購入したら、シンガポール国旗と、ナショナル・デー・パレード(以下、NDP)のタトゥーシール、シールや迷路などが入っている、お絵描きバッグがもらえました。

さて、この時期にシンガポール・フライヤーに乗るなら、是非とも狙いたいもの・・・。
それは!!NDPのリハーサルであがる花火!!

8月9日は、シンガポールの建国記念日(ナショナル・デー)なのですが、その為のリハーサルが、7月初めから、毎週土曜日に行われているんです。
っで、毎週土曜日の8時4分(アカバネーゼ調べ)に花火が上がるんですが、それをフライヤーから見てみたかったんです。

しかーし、シンガポール・フライヤーは1周、約30分ほど・・・
早く乗りすぎると、花火が上がる前に終わっちゃうこともありうる・・・。
かといって、遅くなりすぎると、花火を見逃してしまうことも、考えられる・・・。

っということで、我が家は、7時40分に入場
でも、我が家知りませんでした・・・。
入り口から、乗車口まで、こんなに長い道のりだとは・・・(笑)
2階からチラッと見える乗車口。
そこで待っている人数が少ないからといって、ホッとしてはいけません。
あそこで待っているのは、次に乗車する人数だけの方々
その後ろには、まだ屋内でたくさんの行列があることを我が家、知らなかったんです・・・(涙)

中に入ると、我が家と同じ考えのご家族、カップルの方がわんさかいましたー。
っが、それでも混みだすちょっと前に入場できたので・・・

DSC00804.jpg

花火が上がると同時に、乗車!!
焦った、本当に、焦った・・・。
このためにフライヤーに乗りに来たのに、屋内の花火が見えないところで、終わってしまうかと思いました。
こんなにハラハラしたの、久しぶり(涙)

7時40分に入場すれば、我が家の計算では、7時50分には乗車し、8時4分には、てっぺんから花火を見るはずだったのですが、甘かったです。甘すぎました。
行かれる方は、お早目の行動をどうぞ。

DSC00807.jpg DSC00809.jpg

徐々に登っていくと、花火も同じ目線で楽しむことができたりー♪
シンガポール型の花火や、ハート型の花火もありました。
娘さんもパパも大興奮でした!!

っで、花火は約15分くらいで終わってしまいます!
NDP用の花火ですからねー・・・。残念ですが・・・。
花火大会でもやればいいのにー。

その後は、シンガポールの夜景を満喫!

DSC00830-1.jpg DSC00820-1.jpg

今まで、娘さんが夜寝るのが早かったので、夜の外出を遠慮していた為、こんなに夜景を見るのは、初めて。

DSC00831.jpg

美しすぎて、感動!!(涙)

DSC00834.jpg

高いところが、ちょっと怖くて、腰が引けている娘さん(笑)

何はともあれ、シンガポール・フライヤーにも乗れ、花火も見れ、シンガポールの夜景も堪能し、最高に楽しむことが出来ました!!
あっぱれ。

ついでに、NDPリハーサルの花火情報を少しだけ載せておきます。

DSC00839-1.jpg

上の地図の真ん中にNDPの会場があります。
ここから、花火が上がります

黄色い丸で囲んだところが、
1)シンガポール・フライヤー
2)マリーナベイサンズ・ホテル
3)マーライオン・パーク

ですが、この辺りからだと、きれいに花火が見えることでしょう。

ただ、周辺道路は、かなりの交通規制があるので、ご注意を
パルコ&ミレニアウォーク側から、マリーナベイサンズ側に車で移動することは出来ません。(逆も同じ)
移動の場合は、DNAを模したあの橋を、徒歩で渡る事はできます。
また、エスプラネード周辺は、歩行者天国になってます。
さらに、我が家は車で来て、ミレニアウォークの地下駐車場を利用したのですが、シティー方面に帰宅するまで、渋滞を抜け出せず、約50分かかりました。
今考えると、いつもガラガラのラッフルズシティーの駐車場が満車だったのですが、皆さんあそこに止めると、交通規制なく帰れることをご存知だったのかもしれませんねー。
あまりNDP会場周辺に駐車すると、帰れなくなるので、ご注意下さい。
こういう時は、MRTとかが、便利そうですね
我が家も来年の教訓にしたいと思います・・・。

Comment

写真からも素敵さが伝わってきます~!
いいな~いいな~我が家も見れるかな~。
地元の花火大会は田舎の暗い中であがるけど、
こういう都会チックな感じなのは初めてです。
旦那さんの職場で働いている年配の方が、
偶然行ったら花火を観たそうで「ありゃ~すごかった」と
かなり感動されていたようです。
独立記念日のリハですかね?と旦那さんがそれとなく切り出しても
「いや、あれはすごかったし、何かの本番に違いない!」と(笑)
いろんな人を感動に導く花火、今から楽しみです。
情報ありがとうございました。

tokatommyサマ

写真から、ハラハラが伝わったりしてませんでしょうか?(笑)
いやー、ハラハラしましたよ。
無難に、花火は花火、フライヤーはフライヤーと、別個で楽しめば良かったです。
勢いに任せて、一緒に楽しもうとするから、ハラハラするんであって・・・。
でも、激レア体験ができたので、結果オーライです・・・。

会社の方も、「ありゃすごかった」と仰るだけありますよ!
是非、ご無理のない範囲で、行かれて見て下さい!おススメです。
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Profile

アカバネーゼ

Author:アカバネーゼ
2009年6月に渡星。
東京都北区赤羽で青春時代を過ごす。
生まれも育ちも赤羽の旦那と、赤羽で出会い結婚。
娘が生まれ、家族3人、シンガポールライフを満喫・・・してました。
2015年度のシンガポール7年目が終わり、2016年3月末に日本へ本帰国。

What's New!

Monthly Archives

Categories

Comments

Visitors

Links

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。