スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧正月のライトアップ@チャイナ・タウン

2012.01.08 22:18|観光
今年の旧正月(チャイニーズ・ニュー・イヤー)は、1月23日&24日。
昨年、一昨年は、2月だったのに、今年は1月下旬と、チョイ早めの旧正月。
クリスマスが終わって、1月1日のお正月が過ぎ、ぼーっとしてると、あっという間に旧正月がやってくる・・・(笑)
あぁぁ、忙しっ!!


そんな中華系の色合いが濃いシンガポールでは、そりゃもちろん、旧正月のほうが盛大にお祝いするってもんで、ただいまチャイナ・タウンでは、旧正月のライトアップで美しく飾られています!!

DSC03487-3.jpg

今年の干支、ドラゴンがドーン!!

DSC03488-3.jpg

これ、近くで見ると、すごい迫力です。

DSC03501-3.jpg DSC03504-3.jpg

ライトアップされたアーチにも龍&中華柄。
歩道橋にも、ミニ・ドラゴン。

そうそう、シンガポールには、もともと「5匹の龍がいる」と言われています。
その大地のエネルギーの通り道を「龍脈」と言い、シンガポールに富と繁栄をもたらしているそうです。
なので、シンガポール政府や経営者は、風水師のアドバイスに基づいて、判断を下さすこともあるそうです。
(風水に基づいているものとしては、オーチャードロード、サンテックシティ、マリオットホテルなんかが有名です。)

そして、シンガポールの地下鉄の工事が始まったときにも、地下を掘ることで、シンガポールの龍脈を傷つけてしまうのではないかと心配し、当時の首相、リー・クアン・ユーが、風水師に相談。
「国民に金色のお守りを持たせるよう」との助言があった為、八卦の形を象った金色のコインが発行されたそうで、これが今使われている、$1コインという訳です。

ちなみに、リー・クアン・ユーの息子で、現首相の名前は、リー・シェンロン。
漢字にすると、「李顯龍」。そんでもって、辰年生まれの年男。
っで、シェンロンって、「神龍」のことですよねー。何か関係あるのかしら?

ライトアップのことから、ちょっと脱線しましたが、「シンガポールと龍の切っても切れない話」でした。
すべった??(笑)

Comment

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Profile

アカバネーゼ

Author:アカバネーゼ
2009年6月に渡星。
東京都北区赤羽で青春時代を過ごす。
生まれも育ちも赤羽の旦那と、赤羽で出会い結婚。
娘が生まれ、家族3人、シンガポールライフを満喫・・・してました。
2015年度のシンガポール7年目が終わり、2016年3月末に日本へ本帰国。

What's New!

Monthly Archives

Categories

Comments

Visitors

Links

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。