スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おゆまるでオレオ

2012.03.30 14:08|手芸
先日、ダイソーで仕入れた「おゆまる」。
マーヒーな春休みを過ごしておりますので、まだまだ遊ばせてもらってます♪

さて、先日から「おゆまる」であれこれやってますが、こちらのサイトを参考にさせて頂いております。
100円ショップ活用スイーツデコ
日本にはダイソー以外にも100円ショップがあり、セリアなどそちらの方が充実しているようですね(涙)
シンガポールでの100円ショップは「$2ショップ」と呼ばれている、ダイソーしかないので、このサイトで紹介されているものも、できる範囲は限られているのですが、それでも楽しいです。

さてさて、今回はおゆまるとコレを使います↓

DSC04872-3.jpg

オレオのミニサイズ!!
シンガポールでも売ってました。セブンイレブンで発見。$2くらいでした。

このミニ・オレオ、クリームの部分ではがします。
それを、温めてフニャフニャにしたおゆまるに、ギューっと押し付けます↓

DSC04873-3.jpg

こんな感じ。
おゆまるをしっかりと、オレオの淵の部分まで押さえつけます。
オレオを割らないようにするには、おゆまるをしっかりと温めて、フニャフニャにする必要があるようです。

DSC04874-3.jpg

おゆまるが冷めて、オレオを取り出したら、こんな感じ。
しっかりとオレオの跡が残ってます。

そして、このオレオの型を取ったおゆまるに、黒い粘土をギューっと押し込みます。
ギューっとしたら、おゆまるの方を、ゆっくりめくりながら、中の粘土を取り出すと・・・

DSC04875-3.jpg

こんな感じで、オレオ・分身の術~!!
粘土の方のオレオ、白っぽいですが、色は下の写真の方が近いです。
黒の粘土で粘土オレオを作りましたが、実際のオレオって、ちょっと茶色いんですね・・・、ふーん(笑)

DSC04877-3.jpg

マカロン作るよりもはるかに簡単なので、量産もカンターン!!
これ、全部粘土のオレオです。
楽しくなって、たくさん作ってしまいました。

DSC04898-3.jpg

仕上げは、ピンを付けて、クリーム代わりにシリコンを挟んでサンド。
「オレのオレオ」の完成!!(爆)
ニスを塗ってないので、粘土自体の強度はありません。
ニスを薄く塗って、強度を上げるのもいいかもしれないので、今後の課題ということで。

あっ、遊んでばっかりいますが、昨日あれから上履きは洗いました。
ジミーちゃんバリに、ちゃんとやってます(笑)

Comment

そうか。

まさに色々とやってる!やってる!
な訳ですな。

上から読んでも下から読んでも
オレオかわいいよねぇ。
確かにかわいい。

私もゴイスー、マーヒーなんですが
ズーミー飲みながら、メーウーの
干した物を食べてます。

どんだけ違うよ!!

オレにそのオレオくれオ

mushaサマ

そうです。
やってる!やってる!!なのです。
・・・っが、やってる方向性に問題があることは、承知の上です(笑)

ズーミー飲みながら、メーウーの干したのって合うん??
メーウーには、ムイラーのスージューっす!!

M氏サマ

やや!Mr.オクレ??(笑)

オレオ、研究段階ですよ?
食べれませんよ?
それでよければ、いくらでもあげます。

たべたい♡

ひー、これ食べたい。
ダイエット中には絶対持ち歩かれないチャームだわ。

いつか余り物をマカロンと共にパーツ売りして下さい。
(自分でツクレヨぉ。)

今日は楽しい一日をありがとうございました♡

Sakura Brownサマ

今日は、こちらこそ、ありがとうございました!

ミニ・オレオ、食べたい?食べたい??
スイーツモノを作っていて「食べたい!」って言ってくれるのが、一番嬉しいかも(笑)
・・って、食べれないんだけどね(笑)

私も、マカロン・キーホルダーのパーツにしようと企んでいたのです・・・。
・・・っが、パーツにする為に、ニスを塗って強度を上げると、オレオがキラキラに光ってしまって、オレオではなくなってしまうんです(涙)
オレオは、ザックリしたクッキー感が大事ということを、思い知りました。ガックリ。

また、我が家にお越しの際に、いろいろと見比べてくださいませ!
非公開コメント

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Profile

アカバネーゼ

Author:アカバネーゼ
2009年6月に渡星。
東京都北区赤羽で青春時代を過ごす。
生まれも育ちも赤羽の旦那と、赤羽で出会い結婚。
娘が生まれ、家族3人、シンガポールライフを満喫・・・してました。
2015年度のシンガポール7年目が終わり、2016年3月末に日本へ本帰国。

What's New!

Monthly Archives

Categories

Comments

Visitors

Links

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。