スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カプリチョーザ

2012.04.21 14:28|食事
シンガポールにも、カプリチョーザが来ました。
先日オープンした、Jcubeの1階に入ってます。
五右衛門、壁の穴、ついでにサイゼリア?に続き、カプリチョーザまでも・・・!!
ラーメン業界も熱いですが、イタリアン業界も熱いです!!

学生時代、私がよく行ったのは、新宿東口店。
その時は気付かなかったんですが、カプリチョーザって、漢字で書くと・・・

DSC05145-3.jpg

「華婦里蝶座」(爆)!!
チョイ悪のお兄さん達の特攻服に、刺繍されそうな勢いですよ・・・。
「夜露死苦」みたいな??

っと、突っ込みどころ満載なんですが、店内にはカプリチョーザの歴史的な写真も満載なんです(笑)
お食事が出てくる間に、ちょろっとご覧になると、楽しいかも知れません。

さて、私たちが注文したのは、ランチセット。
お店の前の看板に「$9.9にドリンクとデザートが付く」と書かれていたので、「こりゃ、安い!!」と、はりきって注文。
・・・っが!!
$9.9の後ろに、ちっちゃーく「from」と書かれていたのを見逃してたんですよね(笑)
「$9.9~」みたいな。
それをお会計の時に、気付く・・・!
要は、パスタの値段に、ドリンクとデザートが付くと言うことでしたー。
(ピザは、1つのピザに2つのドリンク、デザートが付くようで、2人でシェアになるそうです)

っで、何も知らない、私たちの乾杯がこちら↓(笑)

DSC05147-3.jpg

・・・今思えば、「そんなに安いことある訳ないじゃん?(日本円で約650円) 気付こうよ?」的な恥かしさ(笑)
ドンマイ☆

そうそう、カプリチョーザと言えば、あのライスコロッケ!!
そのライスコロッケが、プロモーションで半額になっていたナリよ!!
もちのろんで、注文。
みんなでシェアして食べました。
美味しかったー&懐かしかったー!!!

DSC05148-3.jpg DSC05149-3.jpg

パスタは手打ちのパスタから、トマトクリームをチョイス。
「トマトクリーム」って、なんか「ザ・日本のイタリアン」って気がして、好きなんです!!(笑)
シンガポールでもちゃんとカプリチョーザで満足♪

あー、美味しかった。
フランフランがオープンした辺りにまた行って、ライスコロッケ食べたいナリ。
キテレツゥー!

Comment

学生時代よく行きましたよカプリチョーザ。
なんか青春の味って感じ。
それにしても「華婦里蝶座」ってすごいですね。
なんだかお蝶婦人が出て来そうです。
ラケットの代わりにフライパンを振っているのでしょうか。

美味しかった!

やはり美味いよね~。
ライスボール?すごい爆発的に
胃で膨らむ感じはしますが
美味しかったです★

次回はフランフランが開いたら?
慈英・九部に行きましょ~!にひ。

yukoちゃんのとこから、ワープしてきたら、華婦里蝶座が目に止まり、爆笑し、一言ツッコミいれたくて(笑)コメント失礼しますーー。
真面目か!!

にしても、カプリチョーザのライスコロッケは懐かしさで食べに行きたくなりますね~。そして、新宿と言えば、十数年前に私の元彼がバイトしてましてね~。アカバネさんは、きっとその彼がニギニギしたコロッケを食べたはずですね~笑

私もよく新宿東口店行ってたぁぁぁぁ☆
もすかすたら、すれ違ってたかもねー(笑)
ウケるす!

makonyaronサマ

やっぱり皆さん、学生時代の青春の味なんですね♪
「華婦里蝶座」・・・。
お蝶夫人がラケット代わりにフライパンを振るなら、
ひろみは、ライスコロッケと言う名のボールを拾うでしょう・・・(笑)

mushaサマ

確かに、ライスコロッケは、丸々1つ食べたらお腹いっぱいになりそうだねー。
でもすごく美味しかった♪

次回の自営・休部。
フランフラン探検隊しようじぇー。

mirohiサマ

初めまして。コメントありがとうございます。
あのライスコロッケって、厨房で1つ1つ手作りなんですか?知らなかった。
ってことは、シンガポールでも作ってくれている方がいらっしゃるんですね・・・。
ローカルの方だろうに、カプリチョーザの品質が落ちてなくて、驚きです!!

M氏サマ

M氏も常連だった??(笑)
あの辺って居酒屋ばっかりだから、カプリチョーザは女の子のセレクト率高かったかも?
しかも、カプリチョーザの上の階って、水着の三愛だった気がする!!
うぉー、懐かしいぃ!!ウケル。
非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Profile

アカバネーゼ

Author:アカバネーゼ
2009年6月に渡星。
東京都北区赤羽で青春時代を過ごす。
生まれも育ちも赤羽の旦那と、赤羽で出会い結婚。
娘が生まれ、家族3人、シンガポールライフを満喫・・・してました。
2015年度のシンガポール7年目が終わり、2016年3月末に日本へ本帰国。

What's New!

Monthly Archives

Categories

Comments

Visitors

Links

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。