スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンキャッチャーの作り方 ~ビーズ・アクセサリパーツ編~

2012.05.23 22:18|手芸
サンキャッチャー作り、ビーズ・アクセサリパーツ編です。

まずは、ワイヤーを約1mの長さで切ります。
そして、サンキャッチャーの一番下のスワロの部分から作っていきます。

DSC05580-3.jpg

ワイヤーに、潰し玉、スワロの順で通します。
ワイヤーの先端を、写真の赤い矢印のように、潰し玉に通してから、潰し玉を潰してください。

DSC05581-3.jpg

出来上がりは、こんな感じです。
あまりワイヤーでスワロをきつく固定するのではなく、少し遊びがあった方がきれいに出来ます。

次は、カラーのビーズをお好みで入れていきます。
私は、5つぐらいずつ入れるのが、好きです。
(この5つのビーズを1グループとすることにします。)

DSC05582-3.jpg

こんな感じで入れたら、また潰し玉で、ギュッとします。

DSC05583-3.jpg

次のグループのビーズを入れる前に、潰し玉を入れ、間隔を調整します。
大体10cm~13cmくらい、間隔をあけると、いいと思います。
潰し玉を入れた後は、またビーズを5つ入れていって下さい。
(アクセサリーパーツを使わない場合は、この作業を繰り返し、大体5グループくらい作ると完成です。)

続いて、アクセサリーパーツの入れ方についてです。

DSC05585-3.jpg

今回は、simpleのyukaさんをサイコーにリスペクトした、こちらのアクセサリーパーツを作ってみました(笑)
yukaさん、スミマセン・・・。

DSC05584-3.jpg

まずは、グループの中心にアクセサリーパーツを入れたいので、潰し玉、ビーズを通します。
そして、約5、6cmのところで、ニッパーで切ります。

DSC05586-3.jpg

潰し玉とアクセサリーパーツの下部分をワイヤーに通します。
写真の矢印のように、ワイヤーを潰し玉とビーズに入れ込みます!
こうすることで、切った先端部分が見えなくなり、きれいに処理できます。

DSC05587-3.jpg

こんな感じで入れ込んだら、潰し玉をギュっとして下さい。

DSC05588-3.jpg

また、ワイヤーのもう片方の先端は、アクセサリーパーツの上部分で繋げます。
繋げ方は、潰し玉、アクセサリーパーツの順に通し、潰し玉を潰すという手順で、他と一緒です。
アクセサリーパーツの入れ方は、以上です。

他のグループは、大き目ビーズを使ったりして、こんな感じになりました。

DSC05589-3.jpg DSC05591-3.jpg

・・・ご参考までに。
このように、5~6グループを作ったら、ビーズの作業終了です。

最後は、留め金編です!!

Comment

ありがとうございます!

わぁ~嬉しい!!
私なんかの作品を参考にして頂けたなんて、もう感激です。
ありがとうございます。バネさんのパーツもキレイですね~!
いろんなものをささっと作り上げるバネさんには感服致します。
また黙々とした作業があれば是非誘って下さい(笑)

yukaサマ

いやいやいやいや、なんだか勝手に真似してスミマセン!!
yukaさんが作られたアクセサリーパーツ、本当にステキだったので。
あの作品には、到底及ばないのですが、どーしてもやってみたかったんです!!

また、何か作りたいですね!!
その時は、yukaさんに何か教わりたいです・・・。
あっ、誰かさんの無茶ブリが憑依??(笑)
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Profile

アカバネーゼ

Author:アカバネーゼ
2009年6月に渡星。
東京都北区赤羽で青春時代を過ごす。
生まれも育ちも赤羽の旦那と、赤羽で出会い結婚。
娘が生まれ、家族3人、シンガポールライフを満喫・・・してました。
2015年度のシンガポール7年目が終わり、2016年3月末に日本へ本帰国。

What's New!

Monthly Archives

Categories

Comments

Visitors

Links

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。